Trans Space Nine 1周年記念パーティー

ありがとうの365日



DOLLの末路(?) 投稿者:仔魔女  投稿日: 9月11日(水)10時35分12秒

アメリア「う〜ん♪ 矢も鉄砲も美味しかったぁ♪ あの口の中で弾がはじける感触…最高よねぇ♪」
(食べたのかおまえは!)
アメリア「………って、ここどこーーー!? 確か基地にいたはずなのにぃ」
(どうやら、もーぐ氏に拉致されて来て、宇宙空間に捨てられたことに気付いてないらしいな)
アメリア「また宇宙空間を漂うの〜? あたし何にも悪いことなんてしてないのにぃ〜!」
(おまえが、エプルを監視できなかったのが一番悪い! まぁ、これでしばらくは登場出来んだろうな)


実行1「あの〜、これをお願いちまちゅ」
(え?私に請求書? 何だろう………げ!
 アメリアの食べ放題延長料金請求!? 47回分って…あいつは途中で退出もせずにずーっと居続けたのかぁ! あれほど90分ごとに入り直せと言っておいたのに。
 と・とりあえず、連合の通貨の持ち合わせはないから『めるてぃ』の方に回しておいてくれ)
実行1「わかりまちたぁ」
(めるてぃ………すまん。この埋め合わせは必ず…)


三人娘? 投稿者:  投稿日: 9月11日(水)08時15分05秒

葉月、樹、皐月の三人は遅れながらもTS9への転送してもらっていた。
葉月「遅れちゃったね」
皐月「うちの作者気づくの遅いから」
樹「そうだな、今忙しいみたいだけど怠けてるってのは拒めないだろうな」
そんな会話がありその間にコンピュータがチェック三人をチェックする。
「オガサワラハヅキ セイベツ♀・・・・・OK」
「オガサワラサツキ セイベツ♀・・・・・OK」
「オガサワライヅキ セイベツ♀・・・・・OK」
そして三人はTS9に転送される。

さて、なぜ樹は♀と判断されたのでしょう?

1.樹は本当は女性であった。

2.転送と同時にTSした。

3.実は如月さんの仕業。

次の3のうちどれでしょう。

※ただし、コンピュータの誤作動はないものとする




アサー! 投稿者:七斬  投稿日: 9月11日(水)07時12分47秒

アークカイザー「ほら、起きろバトルライナー」
バトルライナー「うーん、もう食べられないぜむにゃむにゃ」
神崎ひかる「うわっ! なんてベタネタなやつ」
アークカイザー「言い忘れていたが、一周年おめでとう」
神崎ひかる「おめでとう」
バトルライナー「お? 朝か? ふぁ〜あ。それじゃあぼちぼち、帰るとするか」
神崎ひかる「おじゃましましたー」


パーティー終了後の動き……。 2 投稿者:ジャージレッド  投稿日: 9月11日(水)01時11分49秒

美姫 :「ふう、ようやくプレラット人の居住区画までたどりついた……」
大島 :「美姫さん、ありがとうございます。なんとか取引の時間に間に合いそうです」
海斗 :「まったく、良い儲け話だって言うから付いてきてみれば、荷物持ちかい。
     妖精だけでこれだけのひまわりの種を運ぶのは疲れるぜ。それにとうとうパーティーの
     時間は終わっちゃうし……」
美姫 :「海斗、中身がひまわりの種だってことは、いちおう内緒なんだよ」
大島 :「そうですよ。これはひまわりの種じゃなくて、単なる観賞用植物の種なんですよ。
     ひまわりの種に似てますが、それは偶然です♪」
美姫 :「そうそう、偶然偶然♪」
海斗 :「分かってるって、プレラットではひまわりの種はほとんど麻薬同然の扱いを
     受けているものだからな。密輸で大儲けっていう寸法なんだろ」
大島 :「密輸だなんて人聞きの悪いことを言わないで下さいよ。まだ禁輸品にはなって
     ませんよ。この観賞用植物の種は」
美姫 :「そうそう、近々禁輸品に指定されるらしいけど、まだそうなってないから、今の
     うちなら、法律違反じゃないんだよ。たんなる貴重品だね」
海斗 :「まあ良いけどね。それよりいくら儲け話といっても、惑星連合の金をもらっても
     意味無いけど、どうするつもりなんだ」
大島 :「それにはこれを使います」
海斗 :「妖精の服や、小物類じゃないか。重いと思ってたら、こんなものまで入って
     いたのか。ひまわりの種だけでも重いというのに……。で、それでどうやって
     金儲けをするんだ?」
美姫 :「海斗みたいな服装でいつもすごしているのならまだ良いけど、妖精の女の子は
     服にものすごくお金がかかって大変なんだよ。だからこの服をレプリケーターで
     大量に複製してもらおうっていうんですよね。大島さん♪」
大島 :「そうです。それをうちのデパートで格安で売れば、大儲けと……」
海斗 :「なんだ、そんな面倒なことを考えていたのか。でもまあ、悪くはないな」
美姫 :「あっ、プレラットの人達が来たよ」
大島 :「どうもこんばんは。大島です。今日はTS9の1周年だそうで、おめでとうございます。
     これはつまらないものですが、お祝いの品です」
も○ :「これはありがとうでちゅ。もぐもぐ、おお、最高級品質の観賞用植物の種でちゅね」
か○める:「すごい、さすがにレプリケーターで作った観賞用植物の種とは風味が違う!」
大島 :「そう、そのレプリケーターですけど、使わせていただけます?」
○け :「ほんとうはダメなんでちゅが、観賞用植物の種の為ならしかたありませんでちゅね」
から○る:「よし、転送で移動だ。コンピューター、5名転送。荷物込みで。プレラット居住区から、
      レプリケータールームまで」


美姫 :「あああ、でもこんなことしてるから、ワタシ達がご飯を食べる前に、パーティーが
     終わっちゃったんだよね。ちょっとお腹がすいたなあ」
海斗 :「そうだな。肉体労働をしたから腹がへったな」
大島 :「じゃあ、頼んでみましょうか。ねえ、何か料理を持ってきていただけませんか?」
も○ :「特性お子様ランチなんかどうでちゅか? あれなら一皿に何種類も料理があって、
     お得でちゅよ。うちのメルティが言ってたでちゅ」
からめ○:「そうだな。TS9では、お子様ランチならいつでも即座に注文可能な体勢が出来てる
      からな」

こうして、パーティーが終了した後も、某所で密会を続けつつ怪しい作業をする妖精達とプレラット
の面々がいたと言うが、確認をしたものはいない。みな、疲れて寝ていたからである。
ちなみにジャージレッドがこのカキコをする前に、ちょっと横になり寝てしまったのは、内緒でも
何でもない。
ううう、間に合うはずだったのに……。

http://www.i-chubu.ne.jp/~jersey-r


人の重さ人形と入れ違い、式場から逃走中 投稿者:ダースモーグ  投稿日: 9月11日(水)01時09分00秒

(抜き足差し足忍び足)
む、ネコ耳反応有り
(アメリアを縛り上げてお持ち帰りモード)
おぜうさんともにめくるめく世界へGO!



(・・・・帰宅中)
む、ネコ耳ではないではないか!!!
いらん!!
(アメリアを宇宙空間に投げ捨てる:爆)


パーティー終了後の動き……。 1 投稿者:ジャージレッド  投稿日: 9月11日(水)01時08分17秒

F美夏:「まさか、あんたとふたりでまたこうしてテーブルを囲むことになるとはね。はああ〜」
奈里佳:「何、ため息ついてんのよ。食べ放題は終わったけど、まだテーブルには料理も飲み物も
     並んでるのよ。さっさと食べないとダメでしょ。あっ、見てよ。あのテーブル。まだ
     お寿司が残ってる。……ふふふ。うにと、トロサーモンがあったわ♪」
F美夏:「まったくジャージの赤い人がちゃんと続きを書いてくれないから、いつまで経っても
      こうして、奈里佳みたいなノータリンとつるんでなきゃいけないだなんて……」
奈里佳:「誰がノータリンだって? 第2話では、しっかり私に負けたくせに♪」
F美夏:「それとこれとは話が別でしょ。それにしてもTS9が1周年って言うけど、第2話が
      少年少女文庫に発表されてから、既に1年以上も経っているのよ。こっちのほうも
      早く何とかしてもらわないと」
奈里佳:「なにっ! もう1年経っちゃってるの? じゃあ、『第2話発表1周年記念』をしな
     くっちゃいけないわね。ビール残ってないのかしら。ちょっとすみませ〜ん。どこかに
     ビール残ってませんか? 出来たら大ジョッキでね♪」
F美夏:「ちょっと、未成年が何どうどうとアルコールを飲もうとしているのよ。ダメに決まって
     るでしょ」
奈里佳:「もう、美夏ちゃんってば固いんだから♪ おめでたい席にはアルコール。これは常識
     でしょ。野暮なことはいわないの」
F美夏:「ダメったら、ダメ。どうしても飲みたいならノンアルコールビールにしなさい」
奈里佳:「しょうがないわね。アルコール分が0.1%でも、量飲めば酔えるかな」
F美夏:「ノンアルコールビールで酔う気? 正気の沙汰じゃないわね。せいぜい“たぽんたぽん”
     の醜いお腹になるがいいわ」
奈里佳:「ふん、記念パーティーで、お酒の無いほうが、よっぽど問題よ」
F美夏:「ふん、まあいいか。めでたい席だしね。……ところで、一緒に来た妖精さん達はいったい
     どうしたのかしら? 人にあんなに重い荷物を持たせて、いったい何だったのよ。あれは……」
奈里佳:「美夏ちゃんったら、知らずに持ってたの? 私はちゃんと中身を確かめてみたから知って
     るけど……、まあ知らないほうが良いかな?」
F美夏:「何よ、気になる言い方ね。さっさと白状しなさい」
奈里佳:「TS9、1周年おめでとう。かんぱーい♪」
F美夏:「あっ、ごまかした……。あやしい……」

http://www.i-chubu.ne.jp/~jersey-r


出遅れました 投稿者:優那&ジュラ  投稿日: 9月11日(水)01時03分40秒

ジュラ「タイムワープ完了♪」
優那 「ってもう終わってるよパーティー」
ジュラ「微妙に座標をまちがえちゃった(汗」
優那 「まあ、いいか。とりあえずあたし、この時代の雲雀先生に挨拶してくるね」
ジュラ「うん、じゃボクはお子さまランチを食べてるね」


★終了のごあいさつ★ 投稿者:実行委員1  投稿日: 9月11日(水)00時03分44秒

♪ ぴんぽんぱんぽ〜ん ♪

ただいまをもちまちて、TS9・1周年記念パーティーを終了いたちまちゅ。
ご参加ありがとうございまちた。
会場の方は明日の朝まで解放しておりまちゅので、引き続きお楽しみくだちゃい。
セルフでお願いしまちゅね。


ラスト? 投稿者:電波妖精とその娘  投稿日: 9月10日(火)23時59分40秒

電波妖精『いくらがぷちゅってつぶれるの・・・お口いっぱいなの」
娘「そっかあ・・・(精神退行か・・・パパ)」
電波妖精『いくらちゃんおいしいよおお」


TAOですか? 投稿者:美奈子  投稿日: 9月10日(火)23時54分16秒

うーん、スカウトされたのはいいけど、一応、私は悪の魔法少女協力組合に入っていることになっているみたいだし、TAOとは協力関係にあるから大丈夫とか言ってるけど、琉璃香さんに聞かないと後が怖いからなぁ……でも、お手当てでるのかな……今月結構ピンチなんだよね……新しい服も買いたいし――って、買ってもらったのが、女の子っぽいのばっかりだから、ボーイッシュなのが欲しいだけだよ。ご、誤解しないでね。……でも、どうしよう?……ここで引き受けると、とっても不幸な目にあうかもしれないし、引き受けないととっても損するような気がする……どっちに転んでも、あんまりいい目にはあえないのか……なんでだろう? こんなにまじめに一生懸命生きてるのに、神様っていないのかな? 魔法少女がいるのに、神様がいないなんて理不尽だ。……

芽衣美「美奈子お姉ちゃん、萌黄繭乃さんって人に名刺貰ってから、隅の方に向かって何かぶつぶつ言ってるよ〜。こわいよー」
銀麟 「ミーナ様……」
作者 「まあ、なんだ。美奈子の幸福は美奈子の気がつかないところにあるから……うん、このかしわの照り焼きおいしいな……その幸せに気が付かないことが最大の不幸なんだな。こっち、うなぎの蒲焼追加! まあ、要領は悪いけど、バカな子じゃないから、そのうち気が付くだろうと思うけど、もしかしたら、気がついているのに、無意識に気が付かないようにしているのかもしれないな」
芽衣美「よくわかなんない。でも、美奈子お姉ちゃんが、まだ不幸なままなのはわかった」
銀麟 「そうだね。ミーナ様、せっかくの食べ放題なのに、全然食べてない。来る前は、お腹一杯食べるんだって気合入れてきたのにね」
作者 「言ってあげればいいのに」
芽衣美「だって、もうすぐ、お終いだよ」
銀麟 「だから、このまま気が付かないのが一番の幸せなんです」
作者 「知らないことが幸せか。確かにそうかもな。美奈子ちゃん、頑張って幸せになるんだよ」
芽衣美&銀麟「あんたがいうな!」


業務連絡 投稿者:実行委員1  投稿日: 9月10日(火)23時53分25秒

♪ ぴんぽんぱんぽ〜ん ♪

これをもちまして、オーダーストップとさせていただきまちゅ。
なお、レプリケーターは自由に使えまちゅ。
まだ食べ足りない方はセルフサービスでおねがいちまちゅ。


荒れてますね…… 投稿者:実行委員3  投稿日: 9月10日(火)23時44分00秒

あ、あの、私は地球人なんですけど……
ああ、パチンコで大負けしてしまったのですか。
こう言うときには、思う存分食べてください。

ちなみに、連合ではパチンコも16歳以上ならOKなんですよ


はいっ☆ 投稿者:実行委員4  投稿日: 9月10日(火)23時41分05秒

はい、注文のお皿と椅子と矢と鉄砲だよ。
本当に食べるの?


パチンコで・・・ 投稿者:HIKO  投稿日: 9月10日(火)23時39分18秒

都  「ちょっとそこの宇宙人! 料理が載ってないじゃないの!」
霧香 「荒れてるな。どーした?」
かおる「今日パチンコで10万負けたんだって」
優輝 「不公平だ! ボクなんか、入れても貰えなかったのに、ミーヤはゲームできたのにまだ不満があるなんて」
かおる「・・・じゅうまんえんも負けたら、怒るのもあたりまえじゃないかなあ?」
霧香 「・・・それ以前に、おまえら高校生だろーが?」
優輝 「(無視して)なんで同い年のミーヤが入れて、同い年のボクが入れないの? 差別だ!」
霧香 「(優輝と都の全身を見比べて)・・・・至極当然の結果だと思うが・・・」
優輝 「なんか言った? 霧香センセイ?」
霧香 「いんや。なんにも?」
都  「ちょっと! あたしを無視してなに盛り上がってんのよ!?」
かおる「べつにたのしそうじゃないけどなあ?」
霧香 「まったくだな」
優輝・都「おし! こーなったら・・・」

優輝・都「喰いまくるぞーーーーッ!!」

霧香 「・・・あと20分くらいで閉店だって、言わない方が良いかな?」


DOLL・最後の生鮮(!?) 投稿者:仔魔女  投稿日: 9月10日(火)23時36分53秒

アメリア「えーっ、後30分もないの〜!?
     ワイエプル様に振り回されてほとんど食べてにゃいよ〜〜〜!!!」
(うそつけ、最初にしっかり『お子様ランチ特盛り』食べてるクセに…しかし、まだネコ耳は取れてないのね)
アメリア「こうにゃったら………お皿でも椅子でも何でも食べちゃうにゃーーー!
     矢でも鉄砲でも持ってくるにゃーーーーっ!!!」


地表の片隅からの雄叫び 投稿者:ゴミのおーさま  投稿日: 9月10日(火)23時31分53秒

某作者「料理ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ」


業務連絡 投稿者:実行委員1  投稿日: 9月10日(火)23時30分35秒

♪ ぴんぽんぱんぽ〜ん ♪

本日もTS9にお越しいただき、ありがとうございまちゅ。
盛り上がっているところ大変恐縮でちゅけど、閉店まであと30分となりまちた。
ラストオーダーは23:50となっておりまちゅ。
料理をご希望の方はお近くの実行委員までお申し付けくだちゃい。


ラストスパートだっ。 投稿者:甲介&ほのか  投稿日: 9月10日(火)22時58分31秒

 食べ放題で気をつけることは、まずあわてないことだ。
 あれもこれもと皿にてんこ盛りにしてきたら、『それを全部食べなければならない』という心理が働いて、食欲を減退させる。だから、少しずつお皿に入れて、ゆっくり食べること。そうすれば次の料理を物色するころには腹がこなれて、元がとれるまで食べることができるのだ。
 それから好きなものばかり取っていくのはやめた方がいい。偏食の元になるし、第一他の人に迷惑だ……
 って、お前ら聞いてるのかっ!!

甲介「ほひひほほひひっへひほ、ほほほるはへほひらへへは」
ほのか「へひほ、ほひらほへへへほひひらほは……」

 ……すまん、おれが悪かった。


間に合ったか? 投稿者:ミルフィア&ティル  投稿日: 9月10日(火)22時57分26秒

ミルフィア「ふう、間に合ったな」
ティル  「ミルフィアお姉ちゃん準備に時間がかかるから……」
ミルフィア「俺のせいじゃない! 大体こんなの着てけってエリィの奴に言われたから……」
ティル  「パーティーにはドレスだっていってたもんね〜」
ミルフィア「そんなの着てる奴どこにもいないじゃないか!!」
ティル  「でも、あっちに正装している人たちもいるよ」
ミルフィア「結婚式? リサールナルもいるのか?」
ティル  「あれ、ナーンのおじさんもいるよ」
ミルフィア「ふ〜ん、なんかドタバタに巻き込まれるのはゴメンだな。さ、食お食お」


会場はここかな? 投稿者:司令官  投稿日: 9月10日(火)22時48分43秒

仕事をれも君に任せて来てみたのだが、にぎわっているようだね。
ところで、こんな通知を受け取ったのだが……どこにいるのかな?

**突発食いオフinTS9 23:00〜 **

待ってみるか……


その結婚式、ちょっと待ったー!! 投稿者:ナーン・ブンド  投稿日: 9月10日(火)22時47分43秒

ナーン「その結婚式、ちょっと待ちなさい」
もーぐ「ねこ耳じゃないねこ耳じゃないねこ耳じゃないねこ耳じゃない
ナーン「モーグ君。君には悪いが、その麗しい花嫁は君には不似合いだ」
もーぐ「ねこ耳じゃないねこ耳じゃないねこ耳じゃないねこ耳じゃない
???「麗しの花嫁だって♪」
実行2「それよりも、その格好――」
ナーン「白衣朱袴の巫女装束がその黒髪よりでた黄金色の耳と豊かな尾によく似合ってますよ、お嬢さん」
???「こがねいろの耳? ゆたかなお?!」
実行2「今ごろ気が付いたか……」
ナーン「さあ、私の美しい花嫁よ。外で、皆が待っているよ」
???「え? ええ?!」
実行2「俺は片付いてくれるんなら誰でもいいぞ。気にしないから大丈夫だ」
???「ちょ、ちょっと! あんたそんなこと言ってるけど、明日から、この人をお兄ちゃんって呼ぶことになるのよ。それでもいいの?」
ナーン「私は一向に構わんが」
実行2「……なんか、嫌だな、それは」
ナーン「ちょっとまて、では、このモーグのほうをお兄ちゃんと呼べるのか?」
もーぐ「ねこ耳じゃないねこ耳じゃないねこ耳じゃないねこ耳じゃない
実行2「うーん……」

http://minafumi.wb.puresilk.ac/


この後すぐに通算17回目(爆) 投稿者:リバイバルガール+六番目のレイヤーの奴ら  投稿日: 9月10日(火)22時41分49秒

萌黄繭乃「着いたわ、ここよ」
若草碧子「社長、ここどこですか?」
繭乃「見てのとおりパーティー会場よ」
碧子「いえそれは分かりますけど……今日は何の仕事です?」
繭乃「こんなところまで来て仕事もないでしょ、あんたは食事を楽しんでいらっしゃい。私はちょっと挨拶に行ってくるから(碧子を置いて何処かへ行ってしまう)」
碧子「社長? どこ行くんですか社長!(一人にされたら不安ですよー)」
榎本風実「(側を通りがかる)あうー、さすがに食べ過ぎたかなぁ……」
椿紅美子「放っておけばすぐに復活するわよ」
松枝香織「大丈夫ですか?(食べ過ぎって言うレベルじゃないぞ、それでも残さないところはもはや意地だな)」
椿紅「あれ碧子姉さん奇遇ですね」
碧子「美子ちゃん? あなたどうしてここにいるの?」
香織「知り合いですか、美子さん」
椿紅「ああ紹介するわね萌黄調査室の若草碧子さんよ」
碧子「よろしく。美子ちゃんのお友達ね」
風実「ぅー、最終日だからって気張りすぎたかなぁ」
香織「松枝香織です、よろしくお願いします(萌黄調査室ってどこかで聞いたことあるような)」
椿紅「そっちでへばってるのが榎本風実ちゃん」
風実「……どうも」
香織「あっ(思い出した)! いつか探偵の知り合いがいるとか……それですね」
椿紅「(うなずいて)私たちここの人に縁があって来てるんですが碧子姉さんは仕事ですか?」
碧子「ええ……社長と来たんだけど、挨拶に行くって一人にさせられちゃって困ってたの」
椿紅「だったら私たちと一緒にいませんか」
碧子「お邪魔じゃない?」
香織「私はかまいませんよ。風実さんもかまわないといっているみたいですし」
碧子「そう、じゃあお言葉に甘えようかな」

(場所変わって)

繭乃「こんばんは、お嬢さん」
実行委員2「ん? こんばんは(誰だろこのおばさん……美香姉の知り合いかな)」
繭乃「おばさんはひどいわね戸増頼香ちゃん。これでも私はあなたのお姉さんとあまり変わらない年なの」
実行委員2「!(俺の心を読んだ?)」
繭乃「まあ今のあなたから見れば二十歳以上はみんなおばさんなのかもしれないけどね」
実行委員2「(警戒モードON)俺に何か御用ですか?」
繭乃「特に用があるわけではないわ。私は萌黄繭乃、まあTAOから来たといえば話は早いでしょうね」
実行委員2「(TAO……異能者互助組織か)参入の話ならお断りしたはずですが」
繭乃「いいえそのことではないわ、私たちは無理強いはしない」
実行委員2「どうだか、現に俺の前にいるってことは勧誘に来ているんじゃないの?」
繭乃「挨拶に行ってこいと、しつこく上に言われたから来たまでよ。まあこれで義理は果たしたから、私のことは忘れてもらってかまわないわ」
実行委員2「そうですか(そういうわけにもいかない……人の心を読む異能者か、注意しないとな)」
繭乃「では私はこれで失礼するわね。もう一人挨拶に行かないといけないのだけど……あなた美奈子ちゃんって知ってるかしら?」
実行委員2「今日は見ていないぞ、探せばどこかにいるかもしれないけど」
繭乃「……本当のことを言っているみたいね」
実行委員2「(こいつ、また心を読んだ?)」
繭乃「……そんなに警戒しなくても私はあなたを傷つけるほどの力は持っていないわ。また機会があれば、TAOとは別のことで話をしましょう(立ち去る)」
実行委員2「結局、何をしに来たんだあの人……?」


2回目(笑) 投稿者:実行委員4  投稿日: 9月10日(火)22時34分25秒

あ、フィンちゃん大丈夫?
はい、お茶。
他にも辛いものはあるからね。今度から気を付けてね。


おみやげ屋さん 投稿者:実行委員4  投稿日: 9月10日(火)22時32分38秒

あ、あのお土産コーナーね。
テランにもあーゆーのが多いんだって。
貿易商のおじさんが納品していくんだよ。
いっつもキツネのぬいぐるみを一番目立つところに揃えていくんだよ。


あらら、すぐ帰っちゃうんだな 投稿者:実行委員2  投稿日: 9月10日(火)22時29分16秒

由貴さんとその作者さんか。
何か注文は? え、いらない?
連れて帰るって?
せっかくならゆっくりしていけばいいのに


エプルのその後 投稿者:変な仔魔女  投稿日: 9月10日(火)22時27分16秒

アメリア「ワイエプル様ぁ、元に戻ってさいにょぉ(涙)」
エプル 「……………何だ、その『元に戻る』とは?」
アメリア「あぁっ、ワイエプル様が元に戻ったにゃぁ♪」
エプル 「何を言ってるんだ、お前は。私は私に決まっているだろう。
     ……といいたいところだが、私は何故ここにいる? 確か、別のテーブルでお前にグラスを貰った所までは憶えているのだが…
     うーむ、たまに記憶が飛ぶことがあるのだが、これも一種の過労なのだろうか?」
アメリア「そ・そうですにゃ。ワイエプル様は働き過ぎですにゃ。QUEEN様にお願いして休暇を取った方がいいにゃ♪」
エプル 「まぁ、昔のように無理矢理休暇を取らされるよりは、自ら休暇を取る方が短くて済むからそれも一つの案ではあるな。
     ところでお前のその頭は一体何なんだ? ネコの耳のような物が付いているが…お前はネコ耳の種族だったのか?」
アメリア「これはワイエプル様が………(う・本当のことを話して良いんだろうか)」
エプル 「私がどうかしたか?
     そういえば、私の記憶が飛んだ直後に仲間や異種族が変な格好をしていることが間々あるが…お前もそうか?」
アメリア「そ・そうですにゃぁ(そういうことにしちゃえー)。
     ところで、その変な格好をした仲間ってその後どうなったにゃ? まさか元に戻らなかったとか………」
エプル 「そいつらか? 1〜2日もしたら、全て元に戻っていった。私にも良くわからん」
アメリア(ということは…ワイエプル様に変な術をかけられても2日も経てば元に戻るということなのね。よかったぁ・一生このままだったらどうしようかと思っちゃった)

エプル 「何か調子が出ないな。すまんが、私はこれで失礼させて貰う。ついでと言ってはなんだが、母星への報告はお前に任せるぞ」
アメリア「わっかりましたぁ………って、あたしが報告書を書くんですかにゃ!?
     ………あ、もういなくなっちゃった。しょうがにゃい、見たままを報告するにゃぁ」


アメリア(そういえば、さっき新婦の姿が変わっちゃってたけど…やっぱりあれもワイエプル様の仕業なのかなぁ。明日の朝一番に新婚旅行に行くとか言ってたけど、旅行中には元の姿に戻るという事になるわよね………まぁ、その頃にはあたしもここにいないからいいっか♪)

アメリア「さ〜て、とりあえずお腹もすいたことだから、お食事タイムにゃ〜ん♪」
 (そろそろ終わるというのに…こいつは………)


学習能力ってナニ? 投稿者:OYAZI&フィン  投稿日: 9月10日(火)20時28分45秒

作者 「うむ! 旨いな」
フィン「なに食べてるニャ?」
作者 「焼酎のつまみだ。美味いぞ♪ でも、お前には・・・」
フィン「美味しいにょ? 一つもらうニャン♪(パクッ)」
作者 「ってチョット待て・・・もう遅いか・・・」
フィン「♯◯∀Ψ◆◎△★※〒□@*♭☆♪★!!(のたうち回る)」
作者 「あ〜あ、芥子レンコンなのに・・・人の話を聞かないから・・・」 


宇宙土産物列伝? 投稿者:いつほ&鈴音  投稿日: 9月10日(火)20時10分16秒

いつほ「あら、持ち帰り禁止?・・・・・・2〜3食分包んで貰おうと思ってたのに・・・」
鈴音「いつほちゃん・・・(汗)」
いつほ「まぁ、しょうがないわね」
鈴音「あはは・・・あれ、あんな所にお土産物コーナーがあるよ〜」
いつほ「あらほんと。どれどれ〜?」
鈴音「木刀にペナント、根性って書いて有るキーホルダー・・・あ!クッキーにおせんべ、ハムスターの人形焼き・・・色々有るね☆」
いつほ「団扇に扇子、ぬいぐるみ。なんだか定番品を集めた、場末の土産物屋みたいね。なんで宇宙ステーションにこ〜ゆ〜物が有るのかしら?」
鈴音「あ!見て見ていつほちゃん!猫耳セットだよ〜〜〜(はぁと)」
いつほ「あのねぇ鈴音・・・買わないわよ」
鈴音「えぇ〜〜〜〜〜」
いつほ「当然でしょう。第一ここ(惑星連合)のお金なんて、私たち持ってないんだから」
鈴音「・・・あ。そっか・・・ちょっと残念かなぁ」
いつほ「ほんとにあんたは・・・・・・」


最近変なものしか書いていない某作者の悲劇 投稿者:ゴミのおーさま  投稿日: 9月10日(火)12時19分31秒

某作者「ふう。ここまでくれば大丈夫だろう。おや? ここは?」
由貴「結婚式だね♪」
某作者「げっ。どうやってここまで!」
由貴「シリーズ最終話でいろいろやろうとしてるクセに、今さらそんなこと言わなくったっていいじゃない」
某作者「こ、こら、そういうまだメモ程度にしか書き残してないことを軽々しく……」
由貴「そういえば、結婚式って、ボクも式目前だったのに、どうなっちゃうんだろう」
某作者「(覚えてたのか……遊んでばかりいるからてっきり忘れていたかと思えば)いや、ほら、その辺りは今、書いてたりするからさ」
由貴「ほんとに?」
某作者「ああ。今度のは他の方の手も煩わせてしまったから、あまりモタモタしてるわけにもいかないしなぁ」
由貴「やったぁ♪ じゃあ、さっそく帰って続きを書くの♪ 書くの♪ さあ書くの♪」
某作者「お、おい、まだ他の方々に挨拶もしてないっていうのに」
由貴「いいの。ほら、早くぅ(はぁと)」
某作者「すりすりしても、漏れはほだされないぞ。あ。あっちに可愛い……」
由貴「ほぉら、ぐずぐずしな〜い♪」
某作者「痛っ。こら、作者に本気で蹴りを入れるな。おい。痛い、痛いってば」
由貴「さぁ。早く♪ 勇樹も待ってるし。ね♪」
某作者「だから、挨拶くらい…… (ああああ。ライカたん………)」
由貴「この頃、分身をチャットに送り込んでるからいいでしょ、そんなの」
某作者「(こ、こやつ、なぜに、そこまで?)………」
由貴「『TS9一周年おめでとうございまーす♪』ほら、かわりに言っておいたし。帰ろ♪ 帰ろ♪ 書こう♪ 書こう♪」
某作者「うっ。だから蹴るなって、おいおい、殴るなぁ」
由貴「(どこかに向かって)すみませ〜ん。転送お願いしま〜す。えーと、この時間だと仕事場に♪」
某作者「料理もまだ食べてないのにぃぃぃぃっ……」


風実さん、どんどん飛ばすね 投稿者:実行委員4  投稿日: 9月10日(火)11時52分29秒

リミッター解除なの?
これとこれとこれとこれを注文ね。
気にしないで食べ放題を満喫してってね♪


きつね? 投稿者:実行委員2  投稿日: 9月10日(火)11時49分52秒

さっきDOLLな客が話してたけど、パーティーが今日までっていう理由って……
青春18切符の使用期限だからなのか?
司令ならやりかねんな……

ま、それはともかく、美香姉を何としてでもくっつけとかないとな。
控え室控え室……
      ……って、なんでリサールナル人になってるんだよ!!


(無題) 投稿者:実行委員3  投稿日: 9月10日(火)11時46分30秒

ようこそ、宇宙ステーションTS9へ。
今日は流華さんはお見えになってないようですね。
あ、注文は遠慮無く申しつけてくださいね。
ただ、持ち帰りはご遠慮ください。色々と星間保健所がうるさいものですから。


流行りか? 投稿者:実行委員2  投稿日: 9月10日(火)11時43分44秒

流行ってるようだな、吉野家。
だいたい果穂だくって何だよ(藁


学生団体さんいらっしゃい〜 投稿者:実行委員4  投稿日: 9月10日(火)11時42分47秒

学生の団体さんだね。こちらへどうぞ〜。
ええと、注文は代表の方、って先生だよね。ええと、先生は……
へ〜〜、妖精さんが先生なんだ〜
生徒に御馳走するなんて、素敵な先生だね。可愛いし♪


ぶらっくりすと? 投稿者:実行委員2  投稿日: 9月10日(火)11時39分20秒

お、七五三の時の巫女さんとロボットさん、いらっしゃい。
新しいロボットさんもいるんだな。
え、ロボットじゃなくて勇者神だって?
これは失礼。
ゆっくりしていってくれな。壁を壊さない程度にさ。


裏エプルの活躍(?) 投稿者:変な仔魔女  投稿日: 9月10日(火)11時30分11秒

裏エプル「まだTS9・1周年記念パーティやってるのかな〜♪」
アメリア「たぶん…青春18切符の使用期限が今日までだから大丈夫だと思うにゃ…」
(どんな券でここに入場してるんだ、お前は?)
アメリア「って、ワイエプル様ぁ、早く元に戻って下さいにゃ〜」
裏エプル「え〜? 別にこれが普通だよ〜♪」
アメリア「絶対普通じゃにゃいですにゃー!!
     あ、あれ? まだどっかに消えちゃった………ワイエプルさまぁー」

 とある部屋の前…1人の新郎が首に縄を付けられて部屋の前で待たされていた。
裏エプル「ねぇねぇ。そこのお兄ちゃん、どうして泣いてるの?」
もーぐ 「ネコ耳じゃない・・・ネコ耳じゃない・・・ネコ耳じゃない・・・
裏エプル「わかったわ♪ そんなときこそ『ミスティカル・エプル』に任せて♪」
もーぐ 「ネコ耳じゃない・・・ネコ耳じゃない・・・ネコ耳じゃない・・・」

裏エプル「すみませ〜ん♪ あなたが新婦さんですか〜?」
??? 「そうだけど…ちょっと待っててね、お嬢ちゃん。今お色直しで着替えてるところだから♪」
裏エプル「そうなんですか〜♪ じゃあ、着替えるのをお手伝いしましょう♪ それ〜♪」
 といって裏エプルは、またステッキを振る。すると、新婦の着ていたウエディングドレスが、見る間に純白の羽織に赤い袴という、いわゆる『巫女さん』の衣装へと替わっていった。
 しかし…新婦は気付いていないようだが、その頭にはキツネの耳が・そして、キツネの尻尾が(しかも9本!)袴から飛び出していた。
??? 「あら? 変ねぇ、巫女さんの衣装なんて用意してなかったはずだけど…まあ、和服には違いないからいいっか♪」
 そう言って新婦は、縄の端を持って部屋から出ていった。
裏エプル「2人ともお幸せに〜♪」

裏エプル「あのお兄ちゃんは、『けも耳じゃない』って言ってたから、これで大成功♪」
 その直後、廊下に響き渡る声…
もーぐ 「ネコ耳じゃないーーー!!!」


はぢめての宇宙ステーション(笑) 投稿者:あるばいと妖精の友人  投稿日: 9月10日(火)00時15分21秒

鈴音「うわ〜〜〜すごいね、いつほちゃん。ほんとの宇宙ステーションだねぇ」
いつほ「流華から聞いたときは冗談かと思ったけど、本当だったのね」
鈴音「えすえふだね〜。宇宙大作戦で銀河大戦で、ばばば・えんばん・ばばんばんだね〜〜〜♪」
いつほ「わけわかんないわよ、鈴音……」
鈴音「そうかなぁ?」
いつほ「まあいいわ、それよりも鈴音。食べ放題しっかり食べて帰るわよ!」
鈴音「うん♪る〜ちゃんの分も食べて、お土産ももらってかえろうね♪」
いつほ「当然よ」
鈴音「わ。タッパー持参してたんだ」
いつほ「当然の準備よ」
鈴音「いつほちゃん、しっかりしてるね〜」
いつほ「さ、いくわよ!鈴音」
鈴音「あ、待って〜〜〜〜〜〜〜」

ナレーション「食べ放題……それは乙女達の戦場……。乙女達は己の限界に挑み、喰って喰って喰いまくるのだ……」

鈴音「わ。そーなんだ」
いつほ「そこ!勝手なナレーション付けない!!」


おい 投稿者:mk8426  投稿日: 9月 9日(月)23時03分59秒

吉野屋大繁盛だな(爆)。

http://www.mk8426.net/


本日二回目 投稿者:葦楠高校三人娘@高校三年生の秋  投稿日: 9月 9日(月)22時54分39秒

榎本風実「一息ついたし、食べに行きましょうか」
松枝香織「またですか……これで何回目でしょう(制限時間90分が)」
椿紅美子「えーと通算十一回目よ確か」
香織「数えていたのですか?」
椿紅「まー暇だしねぇそういえば昨日ほのかちゃんに挨拶してきたよ」
風実「二人とも、先に行ってるよー?」
香織「あ、どうぞ。何か言ってみえましたか」
椿紅「うん服装ほめてもらったよ」
香織「はぁ、そうですか(本当かよ?)」
風実「(会場内から声が聞こえる)食べ放題を馬鹿にするなー! ごときとか言うなー!」
椿紅「何を怒ってるのかしら風実ちゃん」
香織「……あれですよ美子さん(下の書き込みを指差す)」
椿紅「あー」
香織「食べ放題をけなされたことが、そんなに気に入らなかったのでしょうか……」
椿紅「ていうか大盛果穂だくって何だろうね?」
香織「……(知るか。単なるネタだろ)」
風実「何だか腹が立ってきたわ。もーこうなったらリミッター解除よ! 食べまくるわ!」
香織・椿紅「ええっ!?(あれだけ食べてまだリミット以内?)」


一周年、おめでとうございまーす 投稿者:庄田隆人  投稿日: 9月 9日(月)22時47分45秒

京ちゃんの生徒たち(以下、生徒)「おーい、せんせーい! どこで食べさせてくれるのぉ〜」
京「ここ、ここ、TS9♪ 食べ放題だって♪ (僕もお金を使わずにすむし… よかったぁ〜〜)」
生徒「代金は先生もちなんだよね?」
京「う、うん。(タダだけど…)」
生徒「残しちゃおうか?(全員でハモりつつ…)」
京「や〜〜〜め〜〜〜〜て〜〜〜〜 絶対残さないで!!! あ、そこ、お酒飲むんじゃない…って、庄田さんかい!!」
庄田「あ、代金よろしくね。み・や・こ・ちゃん♪」
京「なんで、僕が払わなきゃいけないんだよ!!! しかも庄田さん、まだ15じゃないか!!」
庄田「数え年では16なのだよ、ワトソン君♪」
京「だーれが、『ワトソン君』だ!! あんたの誕生日はゴジラと一緒の11月3日でしょうが!! 屁理屈いっても無駄だよ!!」
生徒「今のうちに食べてよーか…」
 
このとき、京ちゃんの財布の中身は日本円にして約200円だったそうな…
なるほど、必死になるわけだ。


(無題) 投稿者:七斬  投稿日: 9月 9日(月)22時45分36秒

バトルライナー「おーっ、ここがTS9か!」
アークカイザー「うむ。おい。あまりはしゃぐなよ」
神崎ひかる「去年、誰かさんのせいで壁が壊れたから肩身が狭い」
アークカイザー「わ、私のせいか?」
神崎ひかる「騒ぎを起こさずに静かにしてろよ」
バトルライナー「おう、まかしとけ! 大船に乗ったつもりでいろよ」
神崎ひかる「…それが心配だっつの」
バトルライナー「とりあえず酒」
神崎ひかる「いきなりかい!」
アークカイザー「私は茶でもいただこうか」
神崎ひかる「ったく…すいません。アップルジュースもらえますか?」
バトルライナー「なんでぇ! ノリの悪いやつらだな! 宴会やるときゃ酒! これで決まりだろうが」
神崎ひかる「俺は未成年なの!」
アークカイザー「まあ、騒がしいやつですが、よろしく」
バトルライナー「おい、今あいつの頼んだ果穂だくってなんだ?」
神崎ひかる「…れもだくとか頼香だくなら作者が出てきそうだな…」
バトルライナー「俺様も頼んでみようかな」
神崎ひかる「やめとけー」


ね、猫耳DOLLですか? 投稿者:実行委員3  投稿日: 9月 9日(月)22時39分20秒

あちらのDOLLさんも盛り上がっているみたいですね。
え、魔法少女DOLL?
それに猫耳DOLL??
こ、これは研究しなくては……


せっせ……せっせ…… 投稿者:実行委員4  投稿日: 9月 9日(月)22時36分09秒

わんこそばね。ちょっとまっててね。

レプリケーター連続モードON♪

じゃあ、いいって言うまで入れ続けるからね。
さ♪


(無題) 投稿者:名無しさん@とっとこらいか大作戦  投稿日: 9月 9日(月)22時30分10秒

そんな事よりかわねぎ司令よ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけ
どさ。
昨日、近所のTS9行ったんです。TS9。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて【開設一周年食べ放題パーティー】とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、食べ放題如きで普段来てないTS9に来てんじゃねーよ、ボケが。
食べ放題だよ、食べ放題。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人でTS9か。おめでてーな。
よーしパパはもお果穂たんハァハァ、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、果穂のプロマイドやるからその席空けろと。
TS9ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
勝手に住み着いたDOLLやネコ耳宇宙海賊といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、大盛果穂だくで、とか言ってるんで
す。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、大盛果穂だくでなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、大盛果穂だくで、だ。
お前は本当に大盛果穂だくを食いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時
間問い詰めたい。
お前、大盛果穂だくでって言いたいだけちゃうんかと。
TS9通の俺から言わせてもらえば今、TS9通の間での最新流行はやっぱり、
偽れも、これだね。
ねこ太偽れも雪うさぎ。これが通の頼み方。
偽れもってのはかわねぎ司令の奥さん。そんでハム狂い。これ。
で、それにねこ太と雪うさぎ様。これ最強。
しかしこれを頼むと次から亭主や兄貴にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、勝手に果穂ちゃんでも読んでなさいってこった。


1周年記念の調査 投稿者:DOLLペア(?)  投稿日: 9月 9日(月)22時08分34秒

アメリア「はぐはぐ・むしゃむしゃ・もぐもぐ………」
(だからこいつは………)
 スパーーーン!!!
アメリア「いった〜い……… 誰よぉ、いきなりハリセンで叩いたのはぁ」
エプル 「お前はいつまでたっても変わっていないな」
アメリア「ワ・ワイエプル様ぁ…こんな所で出会うなんて」
エプル 「偶然だ。母星から連絡があって調査のついでに見てこいと言われただけだ」
アメリア「使いっ走りは大変ですよねぇ(しみじみ)」
エプル 「お前がいうな! お前が! それに私は使いっ走りなどではない!」
アメリア「でも、QUEEN様の勅命でここに来たんでしょう? それってやっぱし使いっ走り…」
エプル 「………………」(無言でE・N・Gソードを抜く)
アメリア「(や・やばい…)さ・さぁ、ワイエプル様も一緒に食事をしましょう♪ と、とりあえずこれで乾杯♪」(といって、手近にあった飲み物の入ったグラスを渡す)
エプル 「確かに大人げないな。では乾杯」

エプル 「………………」
アメリア「ワ…ワイエプル様、どうかしましたか?」
エプル 「………おいちい♪」
アメリア「え゛?」
エプル 「おいち〜い♪ もっとちょうだ〜い♪」
アメリア「あああーーっ! いきなりワイエプル様が壊れたぁ!!!」
(説明しよう。
 ワイエプルはしばらく前・強制休暇を取らされた時に、他のカーディナル達に無理矢理宴会に誘われて、泥酔の上、裏人格「魔法少女」が発動されてしまったのだ。
 その後、彼女はある特定のアルコール類を摂取すると、いきなりその裏人格が飛び出してしまうような体質になってしまったのだった。
 説明終わり)
裏エプル「みんな〜♪ もっと楽しく騒ごうよ〜♪
     TS9、1周年おめでと〜〜♪♪♪」
アメリア「あぁ、変な意味で思いっきり目立ってるうぅ。これって全部あたしのせいなのぉ?」
裏エプル「アメリアちゃんも一緒にもっと騒ごうよぉ〜♪」
アメリア「イメージが・いめぇじがぁ(汗&涙)」
裏エプル「暗いよ〜アメリアちゃん♪ もっともっと楽しく行こうよ〜。それ〜♪」(そう言ってどこからともなく取り出したステッキをアメリアに向かって振る)
アメリア「え? ………あぁっ、何であたしがこんなふりふりの付いたエプロンドレスなんて着てるんですかぁ? それに、何かネコみたいな耳と尻尾が付いてるんですけどぉ」
裏エプル「これが今一番とれんでぃ(死語)なんだよ♪ それとも、キツネちゃんに巫女さん衣装の方が良かった?」
アメリア「えーん、こんなのワイエプル様じゃないよ〜 早く元のワイエプル様に戻って下さ〜い(涙)」


始めての再開(?) 投稿者:災難ペア  投稿日: 9月 9日(月)15時04分17秒

アメリア「はぐはぐ・むしゃむしゃ・もぐもぐ………」
(いつの間にTS9へ入り込んだんだ? こいつ…by:作者)

めるてぃ「実行委員さ〜ん。こっちのお皿、無くなっちゃいましたよ〜 …って、ボクは実行委員じゃないのに何で手伝ってるんでしょう?」
アメリア「すみませ〜ん。おかわりくださ〜い♪」
めるてぃ「は〜い。実行委員さん、こっちですぅ。 すみません、もうちょっと待っててくださいね…」
 そして2人の目と目が合う。
アメリア「あの〜 もしかしてどっかで会ったことありません?」
めるてぃ「え?・え?・ええ!?(もしかして本物のDOLLさん!?)」
アメリア「ねぇねぇ、本当に会ったことなかったっけ?」
めるてぃ「あ・ありませんよぉ」
アメリア「おっかしーな…あたし、記憶力はいい方なのに」
(ウソつけ!:by作者)

アメリア「とまぁ、それは置いておいて、ええっと…あなたのお名前は?」
めるてぃ「ボクはめるてぃですぅ」
アメリア「めるてぃちゃん…ナノマシンのチェックしましょう♪」
めるてぃ「こ・ここでは現在、DOLLの同化は自粛されてますよぉ!!」
アメリア「同化じゃなくてメンテナンスだから問題なし♪」
めるてぃ「同じだよーーー!」
 その時、
食堂のおばちゃん「はい、出来たてのお子様ランチ・特盛りだよ」
アメリア「いっただっきま〜す♪」(すでにメンテのことを忘れている)
めるてぃ「た、助かったぁ。ありがとうございます」
食堂の…「さっき、れも副司令からの指示があってね」
めるてぃ「れも副司令…副司令はボクの命の恩人ですぅ。 また今度一緒に夜のお食事会しましょう」

アメリア「そういえば………」
めるてぃ「ぎくっ」
アメリア「お子様ランチの特盛りって…ごく普通の、洋風の盛り合わせに見えるんだけどなぁ」
めるてぃ「…それは言えてますね」
アメリア「ねぇ、めるてぃちゃん。一緒に食べよう♪」
めるてぃ「は〜い♪」


アメリア「1周年って、美味しいんだね♪」
めるてぃ「………違います。 おめでたいことなんです」


後半戦・・・ 投稿者:電波妖精とその娘  投稿日: 9月 9日(月)13時38分43秒

娘『さきほどは本当に失礼しました・・・うちのザク・・じゃなかったグフが電波なばっかりに』
電波妖精『うにょーん♪』
娘『本当に・・・ごめんなさいでした』
電波妖精『うにょにょーん♪』
娘『ほら、パパも謝って!!』
電波妖精『うにょー?」
娘「パパ!!」


電波妖精『で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、召喚詐欺まがいコースで、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、召喚詐欺まがいコースなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、召喚詐欺まがいコースで、だ。
お前は本当に召喚詐欺まがいコースで召喚されたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、召喚詐欺まがいコースでって言いたいだけちゃうんかと。
本だな通のボクから言わせてもらえば今、本だな通の間での最新流行はやっぱり、
妖精間入れ替わり、これだね。
妖精間入れ替わり、あの季節バージョン。これが通の頼み方。
入れ替わりてのはエロが多めに入ってる。そん代わり萌えが少なめ。これ。
で、それにあの季節。これ最強。
しかしこれを頼むと次から文庫にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、巣篭もり友達でも探しなさいってこった。』

娘『パパはもうどうしようもなく壊れちゃったみたい・・・』
電波妖精『ボクが緑色なのは緑だからだ。と言うのはトートロジー的な・・』

スパコーン!!!!!

娘『失礼しました・・・ではでは』


場違いトリオ? 投稿者:DOLL艦ヴンダーラント代表  投稿日: 9月 9日(月)01時59分01秒

ヒナゲシ「ど〜もやっぱり、警戒されてるみたいですね。心配しなくても、ボクたち同化なんてしないのに。
     ですよね、テンガイかんちょ?」
テンガイ「フム……。HMTIMの情報を求めて潜入したはいいが時を移さずして発見され、戦力差から制圧も困難。
     よって生還を最優先として不審な行動を取らず、場に溶け込むべきと判断した」
 ツツミ「はい、そんなところですね。一応もう正体はバレちゃってますけど」
ヒナゲシ「めんどくさいなァ。余計な事考えないで、ぱーっとパーティー楽しもう! ……で、いいじゃないですか」
 ツツミ「……テンガイ艦長には、カーディナルとしての面子というものがあるの。
     それを頭に入れて、あなたも恥になるような事はしないで、迷惑をかけずに大人しく……」
ヒナゲシ「委員さーん! お子様ランチひとつー! ……あ、そだ、今の取り消して……わんこそばいっぱーい!
     大食いするんだったらやっぱわんこそばですよね。にゃひひひッ、食べ放題食べ放題ッ!」
 ツツミ「ヒナゲシ! 人の話を聞きなさい! こんなところでわざわざわんこそばなんて物……」
テンガイ「…………私もその、わんこそばという物をひとつ頼みたいのだが……」
 ツツミ「テ、テンガイ艦長まで……」


例の件はあとでな 投稿者:実行委員2  投稿日: 9月 9日(月)00時25分01秒

お、甲介さん、ほのかさん、いらっしゃい。
そういえば、さおりんは?( ̄ー ̄)ニヤリッ
まあ、色々都合もあるだろうからな。
例の件は、また後で打ち合わせしようぜ。


スーパーにもつながってるんだよ 投稿者:実行委員4  投稿日: 9月 9日(月)00時21分59秒

izumiさんいらっしゃい。
ここは宇宙ステーションだけど、地球から一瞬で来れるんだよ。
それとドアがスーパーのバックヤードに繋がってたこともあったみたいだし。
注文決まったら、私か他の実行委員に言ってね。


レイヤー同士 投稿者:実行委員3  投稿日: 9月 9日(月)00時19分17秒

芽衣美さん、お久しぶりです。
やはり本物の猫耳は違いますね。
ミーナさんも今日はゆっくり食べていってくださいね。
あ、そうそう。魔法で頼香さんのお姉さんを猫耳融合させたらダメですよ♪


さび抜きもあるよ 投稿者:実行委員4  投稿日: 9月 9日(月)00時11分27秒

あ、フィンちゃん大丈夫?
はい、お茶。
さび抜きも注文できるからね。今度から気を付けてね


結婚式って…… 投稿者:実行委員2  投稿日: 9月 9日(月)00時09分33秒

美香姉も強引なんだから。しかも宇宙人相手に。
大体結婚なんて……
……
……
姉が片づけば、妹も大手を振って結婚できるよな……
と言うことは……
……
よし、儀礼服に着替えてこよう♪


1周年めでたいな 投稿者:izumi  投稿日: 9月 8日(日)22時58分32秒

作者が食べ放題のトコに連れてってくれるっつーからついてきたけど、ここって宇宙ステーションじゃねーの?
なんか人間じゃない連中もわんさかいるように見えるし。
なんかドア1枚で着いたような気がするんだけどな。
まあいいや。何から喰おうかな。


一周年おめでとうございます。 投稿者:MONDO  投稿日: 9月 8日(日)20時39分13秒

甲介「ごぶさたしてます。TS9一周年おめでとうございます(と言いつつオープンサンドとドリンクに手を伸ばす)」
ほのか「こんばんは〜。おめでとうございます〜(と言いつつ寿司とパスタを手に持った皿に盛る)」
甲介「(もぐもぐ)……でもまだ一周年だなんてびっくりしたな」
ほのか「(ずるずる)ほんと、なんかもう何年もお邪魔してるような気がするわね――」
甲介「(ごくごく)ここに出入りするメンバーの顔ぶれも、ずいぶん変わったよな」
ほのか「(ぱくぱく)常連さんもけっこう多いけどね。……あ、美奈子ちゃんたちだ、やっほー」
甲介「未央さん未来ちゃん、お久しぶり〜」
ほのか「風実ちゃんたちも元気そうね。……椿紅、あんた相変わらず気合い入ったカッコしてるわね〜(←何故かタメ口……笑)」
甲介「げっ……DOLLもいるのか――(「沙織」の時にDOLLと間違えられてエライ目にあったことがある)」
ほのか「(カナッペぱくつきながら)あっちで結婚式やってるけど、なんでこんなとこで?」
甲介「(茶そばすすりながら)あの新郎、なんか『泣き』入ってるぞ……」
ほのか「ところで頼香ちゃんたち、どこにいるのかしら? 例の件、打ち合わせしたかったんだけどな……」
甲介「実行委員でいそがしそうだから、あとにした方がいいんじゃないか?」
ほのか「わかってるわよっ、それくらい」
甲介「それまではMONDOのケツたたいて進めさせておこう」


獅子耳からのご挨拶 投稿者:みけねと獅子耳  投稿日: 9月 8日(日)15時51分02秒

みけね「……な、何やら凄い悲鳴がしたような気がするにゃ」
獅子耳「向こうじゃ結婚式までやってんな。賑やかで結構じゃないか」
みけね「それは場合によりけりだと思うにゃ……て、あんただれにゃ!?」
獅子耳「をいをいみけちゃん、あんただれはないだろう?しかし、まぁこちらの皆さんには自己紹介しとかないとな」
 ここで獅子耳、咳払いして姿勢を正す。
獅子耳「自分は、惑星連合宇宙軍所属の、ライガ・レオールだ。この度、このTS9に転属することになった者だ。正式な赴任はまだ先なんだが、ま、今回は下見って所だ」
みけね「いちお〜うちの上官にや」
ライガ「いちお〜は無いだろ、みけちゃん。おぢさんは悲しいなぁ」
みけね「それと、ちゃん付けは止めて欲しいにゃ」
ライガ「はっはっは。気にしない気にしない♪おぢさんとみけちゃんの仲ぢゃないか♪」
みけね「……ほんまにこの人は……」


食べ放題にゃあ♪ 投稿者:フィン&良子  投稿日: 9月 8日(日)13時44分32秒

フィン「にゅふふ〜♪ おすしにゃ♪ たくさんにゃ♪ うまそうにゃ〜♪」
良子 「ふふっ、嬉しそうだね♪」
フィン「ソイソース♪ ソイソース♪ おすしにつけて♪ いただきますにゃん!(かぶりつく)」
良子 「あれっ? そう言えばフィンちゃん、わさびは平気なの?」
フィン「♯◯∀Ψ◆◎△★※〒□@*♭☆♪★!! (涙目で硬直する)」
良子 「ダメみたいだね(苦笑)」 


君の名は?(君の縄 編) 投稿者:新郎新婦  投稿日: 9月 8日(日)12時53分28秒

NA「ここで新婦はお色直しに入ります。皆様盛大に見送ってください」

モーグ「・・・・い、今の隙に・・ぐえ!!」

いつの間にかモーグの首にはロープが巻き付けられ、その一方は美香の手に握られていた。

美香「さあ、一緒にいきましょ♪」
モーグ「NO・・・・・・・・・・・・・!!!!!!」


あ、お姉さん達 投稿者:実行委員4  投稿日: 9月 8日(日)12時41分20秒

あ、香織さんに椿紅さんに……風実さん、おーい、風実さーん……
食べるのに夢中で反応してくれないよ〜。
料理はどんどん注文していいからね。
(4人いるような気がするのは、気のせいかなぁ)


結婚式? 投稿者:実行委員2  投稿日: 9月 8日(日)12時24分01秒

なんかあっちの方騒がしいな……
なになに、結婚式? そんな予定聞いてないぞ
……
げ……美香姉……
見なかったことにしよう……(そそくさ


これは小一時間…… 投稿者:実行委員3  投稿日: 9月 8日(日)12時18分43秒

未央さん、どうしちゃったんですか?
え、電波の受信状態なんですか。
なるほどなるほど……
なら小一時間問い詰める必要はないんですね


おめでとうございます♪ 投稿者:悪魔協(悪の魔法少女協力組合)代表2名  投稿日: 9月 8日(日)11時34分20秒

ミーナ&メイ「一周年、おめでとうございます♪」(ぺこっ)
ミーナ「『これからも、ハム萌えに少女萌えにTS萌えに、『もう、ええっ!』ってぐらい萌えてくださることを期待しております』と悪の魔法少女組合特別名誉会長 皆瀬琉璃香より伝えてくれといわれてきました」
メイ 「大阪弁混じりで駄洒落を言っても大丈夫なの? ミーナお姉ちゃん」
ミーナ「……(のーこめんと)……それにしても、ここへ来るのって、落ち着いてきたことが少ないから、ずいぶんと久しぶりな気がする」
メイ 「いつもはばたばたしてるもんね。あ、あっちで、結婚式するみたいだよ。見に行こうよ」
ミーナ「うん、そうね(間違っても、ブーケは受け取らないようにしなくっちゃ。受け取ったら最後、何されるかわかんないもん)」
メイ 「どうかしたの、ミーナお姉ちゃん?」
銀麟 「ミーナ様のことだから、多分、自分が不幸になるようなことが起こらないように気をつけようとおもってるんだよ、芽衣美ちゃん」
メイ 「あはははは、心配性だね、ミーナお姉ちゃんは。気をつけても、トラブルに巻き込まれるに決まってるのに。心配するだけ損だよ」
ミーナ「……くすん」
メイ 「あれ? なんだか、もめてるね。なに、話してるんだろう?」
銀麟 「そういう時は、一キロ先の針のムシロに座る人の悲鳴も聞き取れる『高感度ねこ耳』で聞くといいよ、芽衣美ちゃん」
メイ 「そうだね。それじゃあ……」
モーグ「ねこ耳じゃなきゃ嫌だぁー!!!」
メイ 「◆¥▲♪□☆#■@〒◇◎★!!」
ミーナ「高感度ねこ耳でなくても思いっきりはっきり聞こえたね。大丈夫、メイちゃん?」
メイ 「み、ミーナお姉ちゃん! み、耳の中にセミがいる! 取ってぇ〜!」
ミーナ「はいはい(魔法で治してあげる)」
メイ 「ふわー、ひどい目にあった。えーとね、新婦にはめられて、結婚することになったんだけど、ねこ耳マニアな新郎が駄々こねてるんだって」
ミーナ「……あ、あはははは、はぁ……(やっぱり、変態さんからは逃れられないのかな?)」
メイ 「それでね、ミーナお姉ちゃんに猫の使い魔をもう一人召喚してもらって、新婦と融合させてあげればいいとおもうんだけど、どうかな?」
ミーナ「メイちゃん。使い魔を増やして、これ以上、強くなったら、リリーに勝機がなくなるじゃない。わかってると思うけど、私は負けて、男に戻りたいのよ」
メイ 「大丈夫大丈夫♪ だって、リリーお姉ちゃんに正気なんてないもん♪ ミーナお姉ちゃんに勝てるわけがないよ」
ミーナ「……メイちゃん……にこやかに、あっさり、そんなことを……(^^;。それに、忘れてないと思うけど、私が負けないと、元に戻れないのよ。ずーっと、ねこ耳少女でいいの?」
メイ 「うん。でも、戻れなくても大丈夫♪ このままでもちゃんと働けるから♪」
ミーナ「?」
メイ 「あのね、ここね、ねこ耳の人が普通に働いてるの。訊いたら、キャロラットって人たちなんだって。だから、ここにシュウショクしちゃえばねこ耳でも全然大丈夫♪ これで、ミーナお姉ちゃんも心置きなく、勝ちつづけられるね♪」
ミーナ「だーかーらー!」
銀麟 「ミーナ様もいいかげん諦めればいいのに。読者の皆様も、なんだかんだ言って、なじんでるんだから、もう元に戻るのは無理だって思ってますよ」
ミーナ「それを言ったら、数ヶ月で女の子に馴染んだなら、数ヶ月で男の子に馴染めるってこと。だから、絶対元に戻るの!」
メイ 「作者次第だね♪」
ミーナ「あうぅ〜」

http://minafumi.wb.puresilk.ac/


ごあいさつ 投稿者:葦楠高校三人娘(+1)@高校三年生の秋  投稿日: 9月 8日(日)10時04分02秒

榎本風実「うふふふふふふ……」
椿紅美子「なぁに風実ちゃん気持ち悪い笑み浮かべちゃって」
松枝香織「あれですよ美子さん、あれ(看板を指差す)」
椿紅「あー食べ放題ねー」
香織「実行委員の人に、悪いんじゃないかと思う……」
風実「うふふふふふ……食べまくるわよぉ」
椿紅「目が輝いているわね」
香織「制限時間90分、でもトリックがばらされてるから何度でも来そうですね」
椿紅「風実ちゃんならやりかねないわね」
風実「ねぇもう食べてもいいのかな?」
香織「え、もういいのではないかと……? 本当に大丈夫かな。料理足らなくなりません?」
椿紅「レプリ何とかってので作ってるんでしょ量は心配ないと思うわ」
風実「後ろ、ごちゃごちゃ言ってないで食べなさいよ」
香織「あ、はい(風実の奴、受験でストレスたまってるのかな)」
椿紅「がっつかないの風実ちゃん」
香織「というわけで、一人はもう料理に夢中のようですけど、一周年おめでとうございます」
ブルー「今後の更なる発展を願う」
香織「(あれ、ブルー来てたのか。また見学か?)」
ブルー「そうだ。以前とはまた違った人間を観察できるだろう」
風実「香織さん何してるのー、もっと食べなさいよー」


TS9ラウンジ内特設披露宴会場より 投稿者:  投稿日: 9月 8日(日)06時57分18秒

レポーター「えーこちらTS9ラウンジ内特設披露宴会場よりお送りしています。」
もーぐ  「しくしく」
レポーター「やっぱし、罠にかけられてそのままゴールインっていうのは問題アリですよね」
もーぐ  「そんなのはどうだっていいの」
レポーター「じゃあ何が嫌なんです?」
もーぐ  「ネコ耳じゃない・・・・・・・・・」
レポーター「そっちかい!!」


君の名は?(君の罠 編) 投稿者:ダースモーグ(暗黒騎士)・・・他  投稿日: 9月 8日(日)06時30分37秒

TS9司令かわねぎ中佐に捕縛されるも、【猫の耳】副首領ダースモーグはその日、
必死の逃亡劇の末に地球に逃れる。
宇宙船は大破、ダースモーグ自身も瀕死の重傷を負っていた。
そこに一人のぎりぎりで少女が現れる。
少女はダースモーグを抱き起こし、自宅へと連れ帰った。

もーぐ「?・・・・ここは?」
?  「私の家よ。」
もーぐ「そうか・・・。私は追われる身だ。ここに居ては君に迷惑がかかる・・・・・」

起きあがり、立ち去ろうとするもーぐをとどめる少女?

?  「だめよ!そんな身体では死んでしまう!!。私の事はいいから、今はゆっくりと休んで!!」
もーぐ「・・・・・す、すまない。 ところで、君の名は?」
?  「戸増美香25歳恋人募集中よ」
もーぐ「美夏殿・・・・世話になる・・・・・・」

そして三日後、なぜか2人は結婚式場で新郎新婦と呼ばれていた。(爆)

もーぐ「なぜだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

ネコ耳命のダースモーグは血涙を流すのであった。(笑)


DOLLからもお祝いが届くんだなぁ 投稿者:実行委員2  投稿日: 9月 8日(日)01時34分57秒

ヴンダーラントのみなさん、いらっしゃい。
……って、DOLLじゃないか!
ま、ここだけの話、TS9にはDOLLが非公式だけど遊びに来ているんだよな。
ってことで、ゆっくり休んでいってくれ。
ただし、同化はダメだぞ


伝言預かってるぞ 投稿者:実行委員2  投稿日: 9月 8日(日)01時26分48秒

ほう、「仮」ぺえじさんも近々2周年か。
お祝いしなくちゃな。
ところで司令から伝言預かってるぞ。
福岡便は10日前頃に決定する、だそうだ。


わぁ、とうもろこしだ 投稿者:実行委員4  投稿日: 9月 8日(日)01時21分26秒

みなさんいらっしゃい〜。
妖精さんと猫妖精さんだ〜。かわいい〜
あ、お土産ありがとうございます。
……
とうもろこし、おいし〜い♪
実行委員1ちゃんと5ちゃんにもあげようっと


実はみけね少尉と交代勤務だったり 投稿者:実行委員3  投稿日: 9月 8日(日)01時15分50秒

みけね少尉、いらっしゃい。
技術部の今日の仕事は終わりですか。
少尉の出番もこれから増えてくると思いますよ。
おや、獅子耳の方? ……行ってしまいましたか……


おめでたう(某記念ページ風味にしあげてみたり) 投稿者:電波妖精とその娘  投稿日: 9月 7日(土)23時37分44秒

未央「うにょ〜ん♪ おめでたう♪」
未来「うふふ。いつもよりテンパっております♪」
未央「うにょ〜 一周年だよ♪ 一周年♪」
未来「そうだねえ。すごいね♪」
未央「らいかたん ハアハア」
未来「あっ・・・パパ。それは・・・(汗)」
未央「そんな事より>>未来よ、ちょいと聞いてくれよ♪ スレとあんま関係ないけどさ♪
このあいだ、近所の妖精さんの本だな行ったんです♪ 本だな♪
そしたらなんか妖精たんがめちゃくちゃいっぱいで座れないんです♪
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、妖精はよーせい、とか書いてあるんです♪
もうね、アホかと。馬鹿かと♪
お前らな、ぷにぷにごときで萌えているんじゃねーよ、ボケが♪
ぷに放題だよ、ぷに放題♪ なんか萌えどーるとかもいるし♪
TS少女でぷにぷにか♪ おめでてーな♪
よーしボク、すりすり頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない♪
お前らな、TS9への片道チケットやるからその席空けろと♪
本だなってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ♪
ラウンジの隣に控えた奴がいつ、らいかたんとハアハアしてもおかしくない、R指定か18歳以上推奨、そんな雰囲気がいいんじゃねーか♪
女子供は、すっこんでろ♪』

未来『・・・・』
未央『うにょ?』
未来『・・・』
未央『うにょにょ?』

スパコーン!!

未来『失礼しましたぁ(フカブカ)


365日目のおめでとう♪ 投稿者:DOLL艦ヴンダーラント代表  投稿日: 9月 7日(土)23時22分17秒

ヒナゲシ「いェーい! はっぴーばーすでーてぃーえすないーん!」
テンガイ「ヒナゲシ君、ハメを外しすぎんようにな。……ツツミ君、どうかしたのかね?」
 ツツミ「お、お気遣いありがとうございます。さっきからちょっと胃が痛くて……。
     なんだか、『お前達は誰だ』という視線があちこちから向けられている気がして……いたたたた……」
ヒナゲシ「それというのも! 地駆鴉のヤツがボクたちの話をなかなか完成させないのが悪いんです!
     ホント、いっそ丸焼きにでもしちゃいたいですよね!」
テンガイ「フム……ところでヒナゲシ君。その手に持っているのは何かね?」
ヒナゲシ「あ、これ手土産ってヤツです。ボクが一生懸命作った珍しい料理なんですよォ。
     なんとカラスの唐揚げ! じゃじゃーん!」
 ツツミ「カ、カラスの唐揚げ……? ヒナゲシ、材料は……? そのカラスはどういう……?」
ヒナゲシ「嫌だなあ、食材の事なんて知ったこっちゃありませんよ。そこらへん歩いてたカラス捕まえただけですから」
テンガイ「……ヒナゲシ君。できればそんな物を手土産にするのはやめておきたまえ……」
ヒナゲシ「えー? どうしてですかァ? もう……委員の皆さん、美味しく食べてくださいねッ」
 ツツミ「やめなさいッ、ヒナゲシ! あ、胃、胃が〜……うう、痛いィ……」


どうもどうも 投稿者:mk8426@大分運用確定  投稿日: 9月 7日(土)22時23分40秒

1周年おめでたい♪
で、気付いたらうちももうすぐ2周年だし(爆)。
なにはともあれ、今後ともよろしゅう。

>司令官
福岡空港ニテ待ツ

http://www.mk8426.net/


朝づみだぞう♪ 投稿者:OYAZI  投稿日: 9月 7日(土)13時03分50秒

作者 「ふむ・・・キャラ掲示板が久々に賑わってるな〜」
フィン「にゃ? そう言えばフィンはここ初めて来るにゃあ」
良子 「仲良く遊んでもらえると良いね♪」
作者 「思えば前回のクリスマスの時には一読者だった儂が今では・・・」
フィン「ブツブツうるさいニャ!(怒)」
良子 「トリップしてないで挨拶しなさい!(怒)」
作者 「むう・・・TS9一周年おめでとうございます」
フィン「今後のますますのごはってんをお祈りしますにゃ♪」
良子 「司令も体にお気をつけて頑張ってくださいね♪」
作者 「んで、手土産なんだが・・・フィン出してくれ」
フィン「にゃあ! あさづみのトウキビにゃ♪」
良子 「ゆでたてですよ♪ 焼いた方が良ければ用意しますから言ってくださいね?」
全員 「「「委員の皆さん、美味しく食べてね♪(にゃ♪)」」」


おめでとうのご挨拶? 投稿者:猫耳士官と獅子耳士官  投稿日: 9月 7日(土)05時29分05秒

みけね「はぁい♪皆様お久しぶりの、みけね・こーなですにゃ♪TS9開設一周年!おめでとうございますにゃ☆」
 (どんどんどんぱふぱふ〜〜〜〜☆鳴り響く鳴り物)
みけね「いやぁ、それにしても早いもんですにゃぁ、一周年!うちもこのTS9に配属されてからまだまだ日も浅いけど、その間に色々なことがありましたにゃぁ……」
 物思いにふける、みけね。はたと何かに気づく。
みけね「……なんか冷静に考えたら、うちのでとるのって、みぃぃぃぃぃぃぃんな、SALの人以外の方が書いた物やにゃぁ……そ、それはともかく!TS9一周年おめでとさんですにゃ!またあとで顔をだしますにゃ!ほなにゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
 ドップラー効果を残しつつ、みけね退場。
 
獅子耳「……あ〜〜〜〜と、その、なんだ。出そびれたな。ま、しゃ〜ない。俺も出直すとするか。こんどはちゃんと、みけちゃんと一緒にでるかな。それじゃあな」
 と呟いたのは、獅子耳ライオンヘアの男。
 肩をすくませると、みけねが退場していった方向へ、ゆっくりと歩いて行って退場する。


いらっしゃい〜 投稿者:実行委員1・2  投稿日: 9月 7日(土)04時11分04秒

委員2「おや、さっそく書き込みが。いらっしゃい〜」
委員1「ところで委員2しゃん、今回の説明はしたでちゅか?」
委員2「あ……ごめん、してないや」
委員1「それじゃ、パーティーの案内でちゅ」
委員2「ええと、フリードリンク、食べ放題。制限時間は90分だな」
委員1「残すと、別料金をいただくでちゅ」
委員2「金取るのか? まあ、一度会場を出てもう一度入ると、また食べ放題なんだけどな」
委員1「注文はお近くの実行委員にお申し付けくだちゃい」
委員2「あとお酒もあるんだけど、連合法により16歳未満には出せないからな」
委員1「年齢と性別の確認できる物を提示して頂く事もありまちゅ」
委員2「なんで性別?」
委員1「この界隈、色々あるんでちゅ」
委員2「……まあ、4日間、楽しんでいってくれよな」
委員1「食べ放題だから、あの人達来るでちゅかね……」
委員2「来るんじゃないか?」


あいさつ♪ 投稿者:HIKO  投稿日: 9月 7日(土)01時25分21秒

優輝 ・・・なんでボクはこんなところにいるの?
都  主人公だからじゃない?
優輝 忙しいんだよボクは。あじと♪が発足して、また出張らなきゃならないのに!
都  でも退屈なのも嫌いでしょ?
優輝 う・・・・(汗)
都  そーゆーワケだから、がんばんなさいな♪ うちの作者の代弁者として♪
優輝 じゃあ・・・

優輝 TS9、一周年おめでとー♪

http://www2.odn.ne.jp/~hag01860/


開会宣言 投稿者:頼香・果穂・来栖  投稿日: 9月 7日(土)00時43分27秒

果穂「頼香さん、聞きましたか?」
頼香「ああ。TS9の1周年イベントだろ」
来栖「何やるの? なりきりチャット?」
頼香「これだ」
果穂「某巨大掲示板で、らいかモナーのAAを……」
頼香「違〜う! キャラ掲示板を使うんだ」
果穂「こちらでイベントやるのは久しぶりですね」
来栖「ええと、期間は3日間?」
頼香「ああ、クリスマスの時みたく、随時書き込みOKだ」
果穂「それでは……」

三人娘「「「TS9・1周年記念パーティーを開催します♪」」」

来栖「みんな書き込んでね」
頼香「さて、実行委員としてがんばるか」