ごめん・なはり線へ
宇宙暦 79568.2〜  (地球暦 2002/7/28〜7/30)


第1報 宇宙暦 79568.2(地球暦 2002/7/28)

皆さん、こんにちは。かわねぎ@高松です。

 一足早い夏休みに入りまして、毎年恒例の青春18きっぷを利用した旅行に出 かけております。今回の目的は「ごめん・なはり線」。鉄道全線完乗のタイト ル奪還のためであります。
 今回の旅行はあまりキツキツな行程ではなく、のんびり行こうと思っていま す。ま、列車に乗り通しという事自体は変わらないのですけどね。

 さて、今日7月28日。目的地は高松です。1ヶ月前の計画段階では岡山で とあるオフ会を主催するので岡山泊だったのですが、諸事情により中止。参加 者の一人が高松在住との事なので、その人の所に遊びに行く事にしました。
 深夜から行動は始まります。最初は恒例のムーンライトながら。あいに変わ らず満席です。取れた号車は名古屋切り離しの9号車なのですが、まあ、急ぐ 旅でもないので、名古屋で一本落とす事にします。
 名古屋で朝食を取って、次の米原行きに乗り込みます。313+311系の 6連。車中でチャットなどをやっていましたが、急に携帯を認識しなくなって しまい、大あわてでした。
 車内放送で幾度と無く「この先彦根−南彦根間で踏切事故のため、遅れが生 じている」旨の放送があります。米原行きは定刻に到着しましたが、その先が 全然動かず。新快速よりも普通列車を優先して動かしているようです。
 この時点で待ち合わせの時間に遅れる事が決定してしまいました。決断を早 くして米原〜京都間を新幹線に乗れば傷口は小さかったかも知れません。
 さて、普通の221系6連に乗りまして、草津で新快速に抜かされるという ので、乗り換えます。が、新快速が走り出したと思ったら緊急停止。何事かと 思ったら、鞄をドアに挟んだ乗客が非常通報したので、安全確認のために止まっ たとの事。そんな事でいちいち列車を止めるんじゃない。
 そんなこんなで新快速223系12連は快調に飛ばしていきます。が、それ も西明石まで。事故遅れの影響で、西明石以西は各駅に止まるとの事です。な んだいそれは……

 姫路で岡山行きの普通列車へ乗り換える18きっぱーが大勢いたのですが、 約束の時間を守るため、この区間だけ新幹線を使う事にします。約3000円 の出費は痛いですが、やむを得ません。
(とはいうものの、前述の踏切事故は、職質逃れのアホな若者達が踏切に突っ 込んで死んだ事故との事。頭に来る上に、謝罪と賠償を請求したい物だ)
 さて、カードで姫路から岡山までの特急券と乗車券を購入。「みどりの券売 機」を使って購入してみました。これ、よくよく見ると東日本の指定券発売機 (クレカ対応)と同じ機種なのですね。

 久しぶりに利用する山陽新幹線。0系や100系4連や0系新塗色など趣味 的にそそるものがありましたが、乗ったのは300系の「ひかり101号」。 何の変哲もないひかりであります。
 岡山でのマリンライナーへの乗り継ぎ時間は7分。これだけだと乗り継ぎの 案内放送はしないのですね。結構距離もあったりして、急いでマリンライナー のホームへ。あんまり余裕がない物ですね。

 マリンライナーは213系の6連。瀬戸大橋は幾度となく渡っておりますが、 昼間に渡ったのは久しぶりですね。思わず車窓を眺めてしまいました。1時間 程度で高松着。久しぶりに降り立った高松では、駅の変貌ぶりには驚かせられ ました。

 この日の鉄行動はコレで終了です。友人宅にお邪魔して、夜はホテルに泊ま って。このホテルがLAN標準装備で、ケーブルを借りてインターネット使い放題 しております。


第2報 宇宙暦 79570.9(地球暦 2002/7/29)

皆さん、こんにちは。かわねぎ@高知です。

 昨夜から泊まっているホテルはインターネット使い放題なので、いつもの調 子でチャットをやったりなんだりと、朝はチェックアウトギリギリまで部屋に 留まっていました。
 宿を出て高松駅に行く途中、琴電の高松築港駅へ寄り道してみました。特に 面白い車両も来ないので、時間つぶしにすぐ隣の玉藻公園へ行ってみる事にし ます。20分ほど庭園を散歩して、高松駅に向かいます。
 高松駅からは快速「サンポート」で琴平へ。快速だからといって特別な車両 という訳でもなく、121系の2連でした。乗客もそれほど乗ってはいなく、 のんびりとした雰囲気です。
 琴平で30分程度の乗り継ぎ時間。ちょっと町を歩こうかと思いましたが、 それには時間が少なく、駅の売店でお土産を物色する程度でした。そして既に 入線しているキハ54単行の車内で涼む事にします。阿波池田行きの山越え列 車。さすがに乗客は少なく、10人程度でした。
 阿波池田では1時間程度の乗り継ぎ時間があったので、食料を調達します。 スーパーの総菜コーナーで太巻き寿司が100円であったので、3つほど買い 込んで、車内で食べる事にします。ついでに100円ショップがあったので、 そこでB4版のクリアケースを購入。昨日知人と会ったときに戴いたブツの保 管用……といっても関係ない話ですね。

 阿波池田からはキハ32の単行。それなりに乗客がいます。昼ご飯を食べて お腹一杯になったので、居眠りモードに入りました。
 そんなこんなで後免。いよいよ本命のごめん・なはり線です。すぐの安芸行 に乗っても、その次の奈半利行快速に乗っても同じなので、快速に乗る事にし ます。その間、40分ほど待ち時間です。
 待合室から線路を見下ろすポジションでデジカメを撮ってみたりして時間を 潰します。目指す快速は高知からの直通列車。しかも土讃線列車キハ1000 系と併結です。解決作業を見守って、乗り込みます。

 ごめん・なはり線の車両は9640型。もちろん「くろしお」の語呂合わせ なのでしょうね。転換クロス部を備えたセミクロス車。背ズリの高さが高く、 クロス部に座ると、前の方が見通せません。オープンデッキ車両にも乗りたかっ たのですが、こちらは時間が合わずに断念です。
 各駅毎にアンパンマンの作者、やなせたかし氏のキャラクターがいます。そ れぞれに名前が付いていて、車両の側面帯部にも描かれています。駅前にはキャ ラの立体モニュメントが建っているという徹底ぶりです。
 後免駅を出ると、一気に高架へ。全体的に高架の部分とトンネルの部分が多 いですね。公団線の特徴なのでしょうが、はっきり言って金がかかりすぎです。 ローカル気動車がとっとこ一両で走るのにはオーバースペックですね。ただ、 海岸線沿いに高架を走るので、眺めはいいです。
 途中の安芸で10分弱停車するので、ちょっと改札に行って、硬券の入場券 はないかと聞いてみます。観光記念タイプのD型券を売っていたので、一枚買 い求めます。その他の券種はないようですね。
 終点の奈半利でぽつんと高架が途切れます。計画は半島一周だったのでしょ うが、この先が延びる事はまずないでしょう。駅も繁華街の中という訳でもな いので、少々寂しい感じです。何もする事がないので、すぐ折り返します。こ れで新線区間は乗り潰しました。
(でも、厳密な意味でのタイトル奪還はまだなんですよね……詳細は明日)

 折り返しはJR直通の高知行で高知に降り立ちます。今晩はムーンライト高知 なのですが、それまで時間があります。土佐の料理が食べられる店に行って、 舌鼓といきますか。


最終報 宇宙暦 79573.8(地球暦 2002/7/30)

皆さん、こんにちは。かわねぎ@平塚に帰ってきました。

 ムーンライト高知までの時間、はりまや橋付近の店で鯨とカツオを肴に一杯やっており ました。ほろ酔い加減になったところで、4年前に作られたはりまや橋を見て、てくてく 駅方面へ。それでも1時間ほど余裕があります。ノートパソコンでもいじって時間を潰し てみます。
 ムーンライト高知は12系ロザ+12系カーペット車+14系座席車の3連。私は普通 車指定席なので14系です。もちろん原型のバッタンコシート。寝ようと思っても、なか なか寝付けない物です。
 多度津でムーンライト松山と、岡山でムーンライト山陽と併結します。松山の普通車は アコモ改良車、山陽の普通車はシュプール車と、同じ金を払っているのに設備の差があり ます。眠れないので、空いている松山の車両に移って座席を向かい合わせにしてゆっくり 寝ていました。

 翌朝京都に到着して朝食を取った後、湖西線の列車へ。これから高岡に向かいます。加 越能鉄道から万葉線(株)に移管されたので、改めて乗車するという完乗自己ルールをクリ アーするためです。
 まず117系6連で近江今津へ。そこで福井行419系に乗り換えます。さすがに元5 83系、クロスシート部の居住性は格別です。しかし西日本は物持ちがいいですね。こん な物までまだ残っているのですから。
 湖西線周りは永原を越える普通列車が極端に少ないのが難点です。福井で30分ほど時 間があります。駅が工事中なのでゆっくりする場所がなく、時間つぶしに駅前をうろつく 事にしました。
 目に付いたドトールでアイスコーヒーを飲んで一休み。禁煙席でのんびりしていたら、 福井新聞社の記者さんにインタビューを受ける羽目になりました。禁煙席を必ず選ぶのか とか、普通の喫茶店に入るよりドトールの様な店がいいのかとか。いつの間にか話は福井 観光の話や京福電鉄の話になったりして……きちんと取材出来たんでしょうかね(笑)
 福井から金沢までは475系3連。この編成がそのまま金沢から直江津行きになるので すが、しっかりと金沢で下ろされて、転線します。その間の約30分は改札内の待合室で 時間を潰していました。
 高岡で降りると、丁度タッチの差で万葉線の電車が出て行ってしまったので、その間に 昼食を取ることにします。終点の越の潟行きは30分ヘッドなので多少余裕があります。

 第三セクターとなった万葉線。施設も車両も全て引き継いでいます。その車両は非冷房 車で、窓を開けて風が入ってきても、じんわりと暑さを感じます。風情があっていいので しょうが、非冷房だと沿線住民も敬遠するのではないでしょうか。実際、往復乗車してい るうち、若い人を見かけませんでしたからね。
 高岡市内の併用軌道から新湊の専用軌道へ。加越能鉄道時代に乗ったのは山大在学中で すから、かれこれ14年前になりますか。雰囲気も変わらない越の潟へ。無料の県営渡し 船がありますが、今回はこれには乗らないで、別の所を目指します。
 隣の「海王丸」駅から歩いて10分の海王丸パーク。訓練帆船「海王丸」を展示してい る施設で、旅客船桟橋も建設……のようですが、どうも構想は大きく、実際はこじんまり としてる施設です。妙に閑散としているのは駐車場が単に広いだけではないですね。平日 とはいえ、夏休みだというのに。
 まあ、帆船が公開されているので、そちらを見学しましょう。入場券400円を券売機 で買ったのですが……もぎりの人がいない。仕方がないので勝手に入ります。展示物はあ りきたりの物なのでしょうけれど、なかなか興味深く見る事が出来ました。こういう物を 見るのが好きなんですね。

 さて、暑い中、海王丸駅まで歩くのもかったるい。そこで新湊市が運営しているコミュ ニティバス「カモン号」に新湊市役所まで乗る事にしました。一時間に一本、小型のバス が運転されています。料金は全線100円と格安の上、一日乗車券200円というのもあ るようです。
 バスに乗ると、初老の運転手が乗車人数チェック。どうやら停留所毎に乗降記録を取っ ています。決して太くはない道を走っていきます。乗客も運転手もどこかのんびりした雰 囲気。ですが、どうも運転が危なっかしいでしたね。
 市役所のバス停で降りて、少し歩いて万葉線の駅へ。このあたりは15分ヘッドになる のでそれほど待たずに乗れました。それにしてもバスは冷房、電車は非冷房。昨日の寝不 足もたたって、汗かきながら、眠っていました。
 そういえば高岡も新湊も七夕飾りが目立っていました。この辺も8月の七夕なのですね。 花火大会があったりして、その輸送での万葉線の利用促進のために、帰りの乗車券を配っ たり、祭りの時間は半額にしたり、色々手を打っているみたいでした。

 高岡から富山へ413系6連で移動。そこから富山空港へ向かいます。ここからは一気 に羽田まで飛びます。今までANAだけだった羽田−富山線にJALが参入して、7月は 就航記念運賃8000円で乗る事が出来るのです。ついでにスーパーシートが1000円。 ここは文句なしにスーパーシートを予約しておきました。スーパーシートで軽食食べて、 ワインを飲んで。これで1000円プラスですむのですから、実に安い物です。


 今回の旅行は初の完乗タイトル奪還旅行でした。CD線の新線開業はもうありませんが、 これからも各地で新線の開業がある事でしょう。もちろん、そのたびにタイトルを防衛し に行く予定です。


シャトル発着所に戻る

ごめん・なはり線へ

ごめん・なはり線へ
宇宙暦 79568.2〜  (地球暦 2002/7/28〜7/30)


第1報 宇宙暦 79568.2(地球暦 2002/7/28)

皆さん、こんにちは。かわねぎ@高松です。

 一足早い夏休みに入りまして、毎年恒例の青春18きっぷを利用した旅行に出 かけております。今回の目的は「ごめん・なはり線」。鉄道全線完乗のタイト ル奪還のためであります。
 今回の旅行はあまりキツキツな行程ではなく、のんびり行こうと思っていま す。ま、列車に乗り通しという事自体は変わらないのですけどね。

 さて、今日7月28日。目的地は高松です。1ヶ月前の計画段階では岡山で とあるオフ会を主催するので岡山泊だったのですが、諸事情により中止。参加 者の一人が高松在住との事なので、その人の所に遊びに行く事にしました。
 深夜から行動は始まります。最初は恒例のムーンライトながら。あいに変わ らず満席です。取れた号車は名古屋切り離しの9号車なのですが、まあ、急ぐ 旅でもないので、名古屋で一本落とす事にします。
 名古屋で朝食を取って、次の米原行きに乗り込みます。313+311系の 6連。車中でチャットなどをやっていましたが、急に携帯を認識しなくなって しまい、大あわてでした。
 車内放送で幾度と無く「この先彦根−南彦根間で踏切事故のため、遅れが生 じている」旨の放送があります。米原行きは定刻に到着しましたが、その先が 全然動かず。新快速よりも普通列車を優先して動かしているようです。
 この時点で待ち合わせの時間に遅れる事が決定してしまいました。決断を早 くして米原〜京都間を新幹線に乗れば傷口は小さかったかも知れません。
 さて、普通の221系6連に乗りまして、草津で新快速に抜かされるという ので、乗り換えます。が、新快速が走り出したと思ったら緊急停止。何事かと 思ったら、鞄をドアに挟んだ乗客が非常通報したので、安全確認のために止まっ たとの事。そんな事でいちいち列車を止めるんじゃない。
 そんなこんなで新快速223系12連は快調に飛ばしていきます。が、それ も西明石まで。事故遅れの影響で、西明石以西は各駅に止まるとの事です。な んだいそれは……

 姫路で岡山行きの普通列車へ乗り換える18きっぱーが大勢いたのですが、 約束の時間を守るため、この区間だけ新幹線を使う事にします。約3000円 の出費は痛いですが、やむを得ません。
(とはいうものの、前述の踏切事故は、職質逃れのアホな若者達が踏切に突っ 込んで死んだ事故との事。頭に来る上に、謝罪と賠償を請求したい物だ)
 さて、カードで姫路から岡山までの特急券と乗車券を購入。「みどりの券売 機」を使って購入してみました。これ、よくよく見ると東日本の指定券発売機 (クレカ対応)と同じ機種なのですね。

 久しぶりに利用する山陽新幹線。0系や100系4連や0系新塗色など趣味 的にそそるものがありましたが、乗ったのは300系の「ひかり101号」。 何の変哲もないひかりであります。
 岡山でのマリンライナーへの乗り継ぎ時間は7分。これだけだと乗り継ぎの 案内放送はしないのですね。結構距離もあったりして、急いでマリンライナー のホームへ。あんまり余裕がない物ですね。

 マリンライナーは213系の6連。瀬戸大橋は幾度となく渡っておりますが、 昼間に渡ったのは久しぶりですね。思わず車窓を眺めてしまいました。1時間 程度で高松着。久しぶりに降り立った高松では、駅の変貌ぶりには驚かせられ ました。

 この日の鉄行動はコレで終了です。友人宅にお邪魔して、夜はホテルに泊ま って。このホテルがLAN標準装備で、ケーブルを借りてインターネット使い放題 しております。


第2報 宇宙暦 79570.9(地球暦 2002/7/29)

皆さん、こんにちは。かわねぎ@高知です。

 昨夜から泊まっているホテルはインターネット使い放題なので、いつもの調 子でチャットをやったりなんだりと、朝はチェックアウトギリギリまで部屋に 留まっていました。
 宿を出て高松駅に行く途中、琴電の高松築港駅へ寄り道してみました。特に 面白い車両も来ないので、時間つぶしにすぐ隣の玉藻公園へ行ってみる事にし ます。20分ほど庭園を散歩して、高松駅に向かいます。
 高松駅からは快速「サンポート」で琴平へ。快速だからといって特別な車両 という訳でもなく、121系の2連でした。乗客もそれほど乗ってはいなく、 のんびりとした雰囲気です。
 琴平で30分程度の乗り継ぎ時間。ちょっと町を歩こうかと思いましたが、 それには時間が少なく、駅の売店でお土産を物色する程度でした。そして既に 入線しているキハ54単行の車内で涼む事にします。阿波池田行きの山越え列 車。さすがに乗客は少なく、10人程度でした。
 阿波池田では1時間程度の乗り継ぎ時間があったので、食料を調達します。 スーパーの総菜コーナーで太巻き寿司が100円であったので、3つほど買い 込んで、車内で食べる事にします。ついでに100円ショップがあったので、 そこでB4版のクリアケースを購入。昨日知人と会ったときに戴いたブツの保 管用……といっても関係ない話ですね。

 阿波池田からはキハ32の単行。それなりに乗客がいます。昼ご飯を食べて お腹一杯になったので、居眠りモードに入りました。
 そんなこんなで後免。いよいよ本命のごめん・なはり線です。すぐの安芸行 に乗っても、その次の奈半利行快速に乗っても同じなので、快速に乗る事にし ます。その間、40分ほど待ち時間です。
 待合室から線路を見下ろすポジションでデジカメを撮ってみたりして時間を 潰します。目指す快速は高知からの直通列車。しかも土讃線列車キハ1000 系と併結です。解決作業を見守って、乗り込みます。

 ごめん・なはり線の車両は9640型。もちろん「くろしお」の語呂合わせ なのでしょうね。転換クロス部を備えたセミクロス車。背ズリの高さが高く、 クロス部に座ると、前の方が見通せません。オープンデッキ車両にも乗りたかっ たのですが、こちらは時間が合わずに断念です。
 各駅毎にアンパンマンの作者、やなせたかし氏のキャラクターがいます。そ れぞれに名前が付いていて、車両の側面帯部にも描かれています。駅前にはキャ ラの立体モニュメントが建っているという徹底ぶりです。
 後免駅を出ると、一気に高架へ。全体的に高架の部分とトンネルの部分が多 いですね。公団線の特徴なのでしょうが、はっきり言って金がかかりすぎです。 ローカル気動車がとっとこ一両で走るのにはオーバースペックですね。ただ、 海岸線沿いに高架を走るので、眺めはいいです。
 途中の安芸で10分弱停車するので、ちょっと改札に行って、硬券の入場券 はないかと聞いてみます。観光記念タイプのD型券を売っていたので、一枚買 い求めます。その他の券種はないようですね。
 終点の奈半利でぽつんと高架が途切れます。計画は半島一周だったのでしょ うが、この先が延びる事はまずないでしょう。駅も繁華街の中という訳でもな いので、少々寂しい感じです。何もする事がないので、すぐ折り返します。こ れで新線区間は乗り潰しました。
(でも、厳密な意味でのタイトル奪還はまだなんですよね……詳細は明日)

 折り返しはJR直通の高知行で高知に降り立ちます。今晩はムーンライト高知 なのですが、それまで時間があります。土佐の料理が食べられる店に行って、 舌鼓といきますか。


最終報 宇宙暦 79573.8(地球暦 2002/7/30)

皆さん、こんにちは。かわねぎ@平塚に帰ってきました。

 ムーンライト高知までの時間、はりまや橋付近の店で鯨とカツオを肴に一杯やっており ました。ほろ酔い加減になったところで、4年前に作られたはりまや橋を見て、てくてく 駅方面へ。それでも1時間ほど余裕があります。ノートパソコンでもいじって時間を潰し てみます。
 ムーンライト高知は12系ロザ+12系カーペット車+14系座席車の3連。私は普通 車指定席なので14系です。もちろん原型のバッタンコシート。寝ようと思っても、なか なか寝付けない物です。
 多度津でムーンライト松山と、岡山でムーンライト山陽と併結します。松山の普通車は アコモ改良車、山陽の普通車はシュプール車と、同じ金を払っているのに設備の差があり ます。眠れないので、空いている松山の車両に移って座席を向かい合わせにしてゆっくり 寝ていました。

 翌朝京都に到着して朝食を取った後、湖西線の列車へ。これから高岡に向かいます。加 越能鉄道から万葉線(株)に移管されたので、改めて乗車するという完乗自己ルールをクリ アーするためです。
 まず117系6連で近江今津へ。そこで福井行419系に乗り換えます。さすがに元5 83系、クロスシート部の居住性は格別です。しかし西日本は物持ちがいいですね。こん な物までまだ残っているのですから。
 湖西線周りは永原を越える普通列車が極端に少ないのが難点です。福井で30分ほど時 間があります。駅が工事中なのでゆっくりする場所がなく、時間つぶしに駅前をうろつく 事にしました。
 目に付いたドトールでアイスコーヒーを飲んで一休み。禁煙席でのんびりしていたら、 福井新聞社の記者さんにインタビューを受ける羽目になりました。禁煙席を必ず選ぶのか とか、普通の喫茶店に入るよりドトールの様な店がいいのかとか。いつの間にか話は福井 観光の話や京福電鉄の話になったりして……きちんと取材出来たんでしょうかね(笑)
 福井から金沢までは475系3連。この編成がそのまま金沢から直江津行きになるので すが、しっかりと金沢で下ろされて、転線します。その間の約30分は改札内の待合室で 時間を潰していました。
 高岡で降りると、丁度タッチの差で万葉線の電車が出て行ってしまったので、その間に 昼食を取ることにします。終点の越の潟行きは30分ヘッドなので多少余裕があります。

 第三セクターとなった万葉線。施設も車両も全て引き継いでいます。その車両は非冷房 車で、窓を開けて風が入ってきても、じんわりと暑さを感じます。風情があっていいので しょうが、非冷房だと沿線住民も敬遠するのではないでしょうか。実際、往復乗車してい るうち、若い人を見かけませんでしたからね。
 高岡市内の併用軌道から新湊の専用軌道へ。加越能鉄道時代に乗ったのは山大在学中で すから、かれこれ14年前になりますか。雰囲気も変わらない越の潟へ。無料の県営渡し 船がありますが、今回はこれには乗らないで、別の所を目指します。
 隣の「海王丸」駅から歩いて10分の海王丸パーク。訓練帆船「海王丸」を展示してい る施設で、旅客船桟橋も建設……のようですが、どうも構想は大きく、実際はこじんまり としてる施設です。妙に閑散としているのは駐車場が単に広いだけではないですね。平日 とはいえ、夏休みだというのに。
 まあ、帆船が公開されているので、そちらを見学しましょう。入場券400円を券売機 で買ったのですが……もぎりの人がいない。仕方がないので勝手に入ります。展示物はあ りきたりの物なのでしょうけれど、なかなか興味深く見る事が出来ました。こういう物を 見るのが好きなんですね。

 さて、暑い中、海王丸駅まで歩くのもかったるい。そこで新湊市が運営しているコミュ ニティバス「カモン号」に新湊市役所まで乗る事にしました。一時間に一本、小型のバス が運転されています。料金は全線100円と格安の上、一日乗車券200円というのもあ るようです。
 バスに乗ると、初老の運転手が乗車人数チェック。どうやら停留所毎に乗降記録を取っ ています。決して太くはない道を走っていきます。乗客も運転手もどこかのんびりした雰 囲気。ですが、どうも運転が危なっかしいでしたね。
 市役所のバス停で降りて、少し歩いて万葉線の駅へ。このあたりは15分ヘッドになる のでそれほど待たずに乗れました。それにしてもバスは冷房、電車は非冷房。昨日の寝不 足もたたって、汗かきながら、眠っていました。
 そういえば高岡も新湊も七夕飾りが目立っていました。この辺も8月の七夕なのですね。 花火大会があったりして、その輸送での万葉線の利用促進のために、帰りの乗車券を配っ たり、祭りの時間は半額にしたり、色々手を打っているみたいでした。

 高岡から富山へ413系6連で移動。そこから富山空港へ向かいます。ここからは一気 に羽田まで飛びます。今までANAだけだった羽田−富山線にJALが参入して、7月は 就航記念運賃8000円で乗る事が出来るのです。ついでにスーパーシートが1000円。 ここは文句なしにスーパーシートを予約しておきました。スーパーシートで軽食食べて、 ワインを飲んで。これで1000円プラスですむのですから、実に安い物です。


 今回の旅行は初の完乗タイトル奪還旅行でした。CD線の新線開業はもうありませんが、 これからも各地で新線の開業がある事でしょう。もちろん、そのたびにタイトルを防衛し に行く予定です。


シャトル発着所に戻る