さようなら301系
宇宙暦 80584.7  (地球暦 2003/8/3)


宇宙暦 80584.7(地球暦 2003/8/3)

みなさん、こんにちは。かわねぎ@平塚です。

 先日の日曜日(3日)に、さよなら301系の臨時列車が運転されました。松戸で人に会うついでに、全然逆方向ですが行って参りました。

 臨時列車は三鷹→高尾の片方向のみの運転です。平塚からですと、新宿湘南ラインで新宿に出て中央線で三鷹と、普通に移動することになります。せっかくなので、湘南新宿ラインは215系を使った列車に乗り、引き続き215を使う「ホリデー快速ビューやまなし」に三鷹まで1駅だけ乗ることにしました。
 三鷹でビューやまなし号を降りる人が結構いました。どうみても甲斐路トレッキングではない連中が多いと思ったら、ビューやまなし号→さよなら301系号という乗り継ぎの、同業者の様です。考えることは同じようです。
 三鷹に30分前に来たわけですが、既にホームは人だかり。快速線のホームから臨時列車が出るので、一般のお客さんと混じった状態です。ホームに快速電車が入るたびに駅員が声を張り上げています。私も遅れまいと列に並びます。後で後悔することになるのですが、記念オレンジカードを買わないでしまったのには、まだ気が付きませんでした。
 いかにもな同業者はもちろんのこと、カタギな親子連れもいました。高尾に到着後、展示会になるので、そちらに向かうのでしょうか。編成の中程にいましたが、ホーム先頭などではカメラの放列がすごかったことでしょう。
 301系が入線すると、そちらにカメラが向けられます。私も撮影しようと思いましたが、人が多くて、後ろの方に並んでいたので無理でした。方向幕は「臨時」なのがちょっと残念。「高尾」ってのは入っていないのでしょう。
 ドアが開くと、我先にとばかりに乗り込みます。通勤型故に座席の数はたかが知れています。私は席取り合戦には敗れてしまい、立つにも座席端のポールの角という、あまり良い条件ではないところでした。あっという間に満員電車の出来上がり。まさに往年の301系を再現していると言ってもいいでしょう。
 乗車したのはモハ301−20。快速運転なのでそれなりに飛ばしますので、モーター音も楽しめます。発車してから車掌から301系の歩みについての車内放送がありました。
 途中駅での乗車もありましたが、それほど乗ってきません。満員の状況は相変わらずで、30分ほどで高尾着です。乗客がホームに降り、駅員が出口へと誘導しますが、写真を撮る人も多く、さらに出口への階段も狭いため、ホームで上で客が結構滞留しています。そのうちに留置線へと回送のため発車になりましたが、終始混乱状態でした。

 私はこの後松戸に行くので特快ですぐ戻らなくてはいけませんでした。この後は高尾駅構内で撮影会&展示会があるそうです。
 それにしても今回のさよなら運転ですが、満員状態で乗るよりも、外から撮った方が良いのかも知れませんね。実際沿線のカメラの砲列は、多摩川の橋梁を筆頭に、凄い物がありました。




シャトル発着所に戻る

さようなら301系

さようなら301系
宇宙暦 80584.7  (地球暦 2003/8/3)


宇宙暦 80584.7(地球暦 2003/8/3)

みなさん、こんにちは。かわねぎ@平塚です。

 先日の日曜日(3日)に、さよなら301系の臨時列車が運転されました。松戸で人に会うついでに、全然逆方向ですが行って参りました。

 臨時列車は三鷹→高尾の片方向のみの運転です。平塚からですと、新宿湘南ラインで新宿に出て中央線で三鷹と、普通に移動することになります。せっかくなので、湘南新宿ラインは215系を使った列車に乗り、引き続き215を使う「ホリデー快速ビューやまなし」に三鷹まで1駅だけ乗ることにしました。
 三鷹でビューやまなし号を降りる人が結構いました。どうみても甲斐路トレッキングではない連中が多いと思ったら、ビューやまなし号→さよなら301系号という乗り継ぎの、同業者の様です。考えることは同じようです。
 三鷹に30分前に来たわけですが、既にホームは人だかり。快速線のホームから臨時列車が出るので、一般のお客さんと混じった状態です。ホームに快速電車が入るたびに駅員が声を張り上げています。私も遅れまいと列に並びます。後で後悔することになるのですが、記念オレンジカードを買わないでしまったのには、まだ気が付きませんでした。
 いかにもな同業者はもちろんのこと、カタギな親子連れもいました。高尾に到着後、展示会になるので、そちらに向かうのでしょうか。編成の中程にいましたが、ホーム先頭などではカメラの放列がすごかったことでしょう。
 301系が入線すると、そちらにカメラが向けられます。私も撮影しようと思いましたが、人が多くて、後ろの方に並んでいたので無理でした。方向幕は「臨時」なのがちょっと残念。「高尾」ってのは入っていないのでしょう。
 ドアが開くと、我先にとばかりに乗り込みます。通勤型故に座席の数はたかが知れています。私は席取り合戦には敗れてしまい、立つにも座席端のポールの角という、あまり良い条件ではないところでした。あっという間に満員電車の出来上がり。まさに往年の301系を再現していると言ってもいいでしょう。
 乗車したのはモハ301−20。快速運転なのでそれなりに飛ばしますので、モーター音も楽しめます。発車してから車掌から301系の歩みについての車内放送がありました。
 途中駅での乗車もありましたが、それほど乗ってきません。満員の状況は相変わらずで、30分ほどで高尾着です。乗客がホームに降り、駅員が出口へと誘導しますが、写真を撮る人も多く、さらに出口への階段も狭いため、ホームで上で客が結構滞留しています。そのうちに留置線へと回送のため発車になりましたが、終始混乱状態でした。

 私はこの後松戸に行くので特快ですぐ戻らなくてはいけませんでした。この後は高尾駅構内で撮影会&展示会があるそうです。
 それにしても今回のさよなら運転ですが、満員状態で乗るよりも、外から撮った方が良いのかも知れませんね。実際沿線のカメラの砲列は、多摩川の橋梁を筆頭に、凄い物がありました。




シャトル発着所に戻る