TSについて


 この世界のテクノロジーで異性となる事は容易である。体の細胞を再生する医療施設「体再生チャンバー」を用いる事が一般的である。ただし、厳しい管理下にあるため、一般人が容易に異性へと変わる事はまず出来ないと言っていいだろう。


・外科的方法
 体再生チャンバーで、外見のみを外科的に異性に変化させる。遺伝子は変わっていないため、いわゆる子作りは不可能。所要5時間。


・遺伝子操作方法
 全身の細胞を操作し、遺伝子レベルで異性に変化させる。完全に異性になるが、細胞への損傷が起きるため、再度異性に戻る事は困難である。所要3日間。


・ホルモン投与方法
 薬物の投与により異性へとなる。ホルモンの影響はすぐに(2分程度)現れるが、ホルモン剤の投与を継続しない限り一日しか維持できない。非常に簡便な方法だが、多用すると体のホルモン受容体が異性の物へと変化してしまい元に戻れない危険がある。


・記憶バンクを通した人格交換(研究中)
 現在は試験段階。脳の記憶をデータ化してメモリーバンクに保存し、別の体へと書き戻す事により、見かけ上人格を移す。但し記憶データを不可逆圧縮するため、「劣化」がどうしても起こってしまう。その際の障害はまだ明らかになっていない。

・転送による人格交換(研究中)
 転送機で複数の人間を転送した際、人格が入れ替わるトラブルが発生した事がある。何らかのデータが入れ替わったという調査結果が出たが、明確に意識部分を特定してデータを入れ替えないと、人格交換は起こらない。その手法は現在確立されていない。


 この広い宇宙、見ぬ異星人のテクノロジーや、古代異星人の遺跡など、我々の知らない方法もあるかもしれませんね。


戻る